2017秋1部四学大対高工大第2試合試合結果

910日(日) コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀

10:00開始(試合時間1:56)

主管 四国学院大学 観客数141

イニングスコア

四学大=401|015|0|11

高工大=020|001|0|3

                         (7回コールド)


バッテリー 

四学大=〇土田(侑)-森口

高工大=●中村、八原、上沢-山川

二塁打=山本(卓)、杉野(高工大) 古谷、山田(四学大)

三塁打=松浦、山田(四学大)

本塁打=水上(四学大)

暴投=なし

捕逸=なし

野選=なし

MVP=松浦(四学大)

VP=土田(侑)(四学大)

       西本(高工大)

       

審判=(津島、竹田、伊勢谷、塩田)


記事=初戦を落とし後が無い四学大と2連勝で優勝へと近づきたい高工大の第2回戦。初回、四学大は2本のヒットと四球でいきなり2死満塁のチャンスを作ると6番松浦が右中間へ適時三塁打を放つ。さらに続く山田も二者連続の適時三塁打を放ちいきなり4点を先制する。負けられない高工大は2回、ヒットと相手のエラーでチャンスを作ると2番山本(卓)の適時二塁打で2点を返す。しかし四学大は直後の3回、5回に1点ずつ加え高工大を引き離す。さらに6回、黒岩・藤原の連打から4番水上が左中間へリーグ戦初ホームランとなる3ラン、さらにチャンスから山田・金城の連続タイムリーでこの回一挙5点を追加する。点差を縮めたい高工大は4回以外は毎イニングランナーを出しながらも四学大先発・土田(侑)に要所を抑えられ3得点。15安打11得点の猛攻、7回コールドで四学大の勝利となった。


MVPには先制の適時三塁打を放った松浦が、VPには先発で好投した土田(侑)(四学大)と3安打の西本(高工大)が選ばれた。


四国学院大学 11敗(通算 勝点2 64敗)

(報告者=四国学院大学 髙木)


写真はMVPの松浦(四学大)、VPの土田(侑)(四学大)

IMG_2257.JPGIMG_2256.JPG