第5週見所〜2017秋

 


秋季リーグ、一番の山場となった第4週。春、秋と連続優勝を目指す四国学院と春、秋通してリーグ初制覇を目指す高知工科との試合は実力伯仲の試合展開ながらも春の王者の意地を見せた四学大が制した。

 後がなくどうしても勝ち点がほしい鳴門教育と逆転優勝を目指す松山大学との試合は投打が噛み合った松山大が快勝した。

 王者奪還を目指す愛媛大学と国立優勢期を支えた意地を見せたい高知大学との試合は愛媛大の投手陣が粘りを見せ、勝点を手にした。

いよいよ大詰めとなる第5週は、高知東部球場にて秋季最後の一ヶ所開催を迎える。

 一つ目のカードは高知決戦にふさわしい高工大対高知大。高い得点力が持ち味の高工大は、このリーグからチームを支える主将・平岡、春季リーグ打点王の先田(竜)、好打者・杉野を軸にどこからでも出塁できる打線で大量得点を狙う。また投手陣は山上、中村が安定しおり、そこに春季リーグに大躍進を魅せた尾崎が復帰し更に安定感が増している。守備からリズムを作り、得意の打線に流れを持ち込みたい。

 この秋まだ勝ち点がとれず苦しい戦いとなっている高知大は、2枚看板の道原・上ノ薗が守備から試合を作り、ロースコアに持ち込めるかが大きな鍵となる。リードオフマン名嘉真、広角に打ち分けられる好打者・片山、勝負強い・松下(大)で攻撃の流れを掴み、大敗の少なさを物語る“コツコツ型”の攻めで、高工大から勝点獲得なるか。

 松山大対愛媛大の同県対決はどちらも前週勝点を獲得しており、そのままの勢いで流れに乗りたいところ。松山大は投手陣が安定しており、左のWエース平山・渡辺、右腕・鴻上らの活躍に期待したい。打撃面では好打者・下村、長打が狙える・世木田、俊足巧打・濱田を軸に、松山大伝統の犠打や走塁を生かした攻撃で好機をつくり、初回から投手陣を援護し、勝利へと導きたい。

 対する愛媛大は亀岡・勝田の2年生投手と3年生で経験豊富な佐藤を軸に試合を作っていく。リーグ屈指の機動力を誇る愛媛大打線はリードオフマン・今村、好球必打で打線の軸である・民部、今季リーグから4番に座る好打者・楠を軸に全員で繋いで投手陣を援護したい。王者奪還を目指す愛媛大にとって天王山の闘いとなる。

 四学大対鳴教大は、苦しい闘いが続くがここまで勝点を積み重ね優勝へと突き走る四学大が優勢。未だ勝点がない鳴教大は、最下位を免れる為にも勝点奪取が最低条件となる。全国を経験した四学大エース小久保、今季リーグ好調の土田(侑)、中継ぎとしてチームを支える重村などの四学投手陣からいかに点をとるかが鳴教大にとって大きな鍵となる。また四学大打線は一年生ながら全国を経験し大きな存在となっている水上、長打力のある・古谷の前にランナーをため大量得点を狙う。鳴教大投手陣はいかにこの水上の前にランナーをためないかが鍵となる。絶対に負けられないこの戦いに、両大学の意地がぶつかりあう。

 今後の四学大の結果次第では同率優勝も考えられる。春、秋連続優勝を四学大が果たすのか。それとも愛媛大が王者奪還を果たすのか。それとも松山大が逆転優勝を果たすのか。野球の神様は最後にどのような結末を描くのか。見逃せない第5週、四国秋季リーグ最終章の幕が上がる。





◆Ⅰ部

916日(土) 9:30  高工VS高大 高知市東部球場・・・Live

916日(土)12:00 松大VS愛大 高知市東部球場・・・Live

916日(土)14:30 鳴教VS四学 高知市東部球場・・・Live

917日(日) 9:00  松大VS愛大 高知市東部球場・・・Live

917日(日)11:30  鳴教VS四学 高知市東部球場・・・Live

917日(日)14:00 高工VS高大 高知市東部球場・・・Live 


予備日程

918日(月)9:00  松大VS愛大 高知市東部球場・・・Live

918日(月)11:30 鳴教VS四学 高知市東部球場・・・Live

918日(月)14:00 高工VS高大 高知市東部球場・・・Live


◆Ⅱ部(ダブルヘッダー)

916日(土)10:00 香大VS徳大 引田球場

916日(土)10:00 香専VS徳文 番の州球場



IMG_4300.JPG
IMG_4656.JPG
IMG_4657.JPG