2017新人戦徳島大対高工大1回戦試合結果

1回戦第1試合
11月11日(土)、愛媛大学山越グラウンド
9時54分開始(試合時間1時間08分)
主管 高知工科大学     観客数 55人

イニングスコア
徳島大学=020|00||2
高知工科=302|25||12
(五回コールド)

バッテリー
徳島大学=●金城ー岡本
高知工科=○羽藤ー宮田

二塁打=枚田、當田、丸井、宮田(高工)
三塁打=京川(徳大)、國分(高工)
本塁打=河原、喜多(高工)
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
打撃妨害=なし
守備妨害=池田(高工)
MVP=河原(高工)
VP=喜多(高工)
審判( 稲葉、小林、 鷲谷)

記事=
先発投手は、高工大は羽藤、徳島大は金城。初回の高工大は無死満塁から4番河原の犠牲フライにより先制点を獲得。続く國分のライト前適時打により走者が2人生還し、3-0とする。2回の表、徳島大は先頭打者の京川がセンター前安打を放つと次打者が続き一点を返し、3ー1とする。無死一塁から高工大は捕失、中前打と続き無死満塁の場面で9番岡の併殺崩れの間に三塁走者が生還し3-2とする。流れに乗りたい徳島大であったが、3回以降はほとんど出塁ができなかった。高工大が本塁打2本を放つなど1部の意地を見せる打線で徳島大を圧倒し、12-2の試合規定により5回コールドで試合終了。MVPには1本塁打3打点と勝利に大きく貢献した河原とVPにはダメ押しとなる本塁打を放った喜多が選ばれた。

MVP=河原(高工)
E06F3D00-115E-4745-BB15-27655B57D0AC.jpeg
VP=喜多(高工)
22F98514-2D37-45FF-895F-8AEA0925B70E.jpeg


(報告者=高工 長江)