愛媛県野球フェスティバル2017大学高校交流戦試合結果・報告

11月23日(木)、坊ちゃんスタジアム
13:29開始
イニングスコア
大学選抜=000|000|041||5
八幡浜高=000|050|000||5
バッテリー
大学選抜=亀岡、篠原、渡辺-榎、福田
八幡浜高=田中、宮岡-山脇、早川
二塁打=なし
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=榎(選)
野選=なし
審判( 田中、田代、白方、鷲谷)
記事=今治・西条選抜、越智主将の感謝の気持ちを込めた心に残る選手宣誓から始まった愛媛県野球フェスティバル2017。
学童、中学選抜、高校、大学、社会人の県内22チームが坊ちゃんスタジアム、マドンナスタジアムに一同に集まり、野球教室、交流試合を行った。
愛媛県大学野球選抜は、昨年同様、四国4県の大学から集まった愛媛県の高校野球出身の人で構成されたチームで南予地区一年生大会優勝校、八幡浜高校に挑んだ。
愛媛選抜亀岡投手、八幡浜高校田中投手の良好投手の投げ合いで試合が始まった。両投手の好投で4回までゼロ行進で試合は進んだ。
試合が動いたのは5回、先発亀岡(愛大)に代わり、二番手篠原(松大)が内野安打とフォアボールでピンチを招くと2番松岡(八幡浜高校)のファースト強襲の当たりを弾き、外野に転がる間に八幡浜高校が先制した。その後愛媛県選抜は早めの継投で投手交代し、渡辺(愛大)が出るも、一旦火を吹いた八幡浜高校の打線を止めることができずこの回5失点を喫する。
去年からの連敗は許されない愛媛県選抜は8回ついに打線が目を覚ました。
八幡浜高校の二番手、宮岡(八幡浜高校)から3連打で一点を返すと八幡浜高校はエース田中を再びマウンドへ戻した。しかし目を覚ました愛媛県選抜さらに小田原(松大)、田頭(松大)、難波江(四大)の3連打で一点差にまで追いつくと、
9回、先頭バッターの西本(高工)がヒットで出ると、愛媛県選抜大島監督が動いた。代走に藤本を出すとすかさず盗塁し、さらに送りバントでランナーを進め、一死二、三塁にすると宗岡(松大)の犠牲フライで同点に追いつく。
しかし愛媛県選抜の反撃もここまで逆転することはできず大会規定による引き分けでゲームを終えた。
八幡浜高校、愛媛県選抜の両チームはしまった試合による好ゲームを見せてくれた。
今回の愛媛県選抜は他大学との交流を図れるいい機会であり、普段ライバル同士がこのように味方になり、コミュニケーションをとることで四国地区大学野球連盟の発展につながります。

また午前中の野球教室では普段とは違う立場から教えてることで新たなことの発見、将来のスターの育成に繋がるいい機会でした。
野球王国の復興につながる大切な愛媛県野球フェスティバル2017でした。
1511486293622.jpg
1511486295129.jpg
(報告者=愛大 山藤)