ポストシーズン見所〜2018春〜


◆入替戦
鳴門教育大学 対 香川大学

ゴールデンウイークに幕を閉じた今春のリーグ戦。1部リーグでは勝点5を獲得した四学大が完全優勝。圧巻の3連覇を達成し全日本に挑む。2部リーグでも香川大が3季連続の優勝。8試合中6試合が二桁得点と攻撃力は2部リーグで群を抜いていた。この香川大と1部最下位の鳴教大が来季の1部の座を争い激突する。

1部最下位に終わった鳴教大。昨秋は12季ぶりに1部5位と躍進し、今季はチーム最高順位の更新に期待が高まったが2季ぶりの1部全敗の屈辱を味わった。1部残留へ、エース・安丸(4年:川島)が本来の投球を取り戻せるか。今春は2回KOを味わうなど本来の調子とは程遠いものであった。2番手・田原(3年:岡山城東)、1年生・竹村(1年:長崎南)が安定しているだけに大黒柱の復調が勝利への鍵を握る。打線は主将・菊場(4年:清水東)が今春のリーグ戦で待望の一発を放った。パワフルな打撃が持ち味の児玉(3年:洲本)、1年生ながらレギュラーの座を勝ち取った権藤(1年:東海大仰星)など勝負強さが光る打者が揃う。勝利に向けて打線の援護で投手陣を楽にしたい。
対するは3季連続2部優勝、悲願の1部再昇格を目指す香川大。エース・上西(4年:香川中央)の投球に注目が集まる。昨秋はチームを離れていたものの今春復帰。常時130km/h中盤の速球と曲がりの大きなスライダーで三振の山を築く。リードする湯田(4年:丸亀)も1年時からのチームの主力選手。最高学年となった今季、自慢の強肩で鳴教大の機動力を封じ込めたい。守備面は要のショートに昨夏甲子園ベスト8の多田(1年:三本松)が入り好守をみせている。打線は今春のリーグ戦で窪田(4年:山口)、濱田(4年:創志学園)、田渕(3年:観音寺第一)、大杉(3年:倉敷商業)が一発を放つなど好調。投打が噛み合い圧巻の全勝優勝。残すは入替戦の勝利だけだ。

昨春と同じ顔合わせとなった入替戦。鳴教大が1部の座を死守するのか、香川大が2016年秋以来の1部復帰を果たせるか。2018年春季最終決戦、手に汗握る熱戦が始まる。

【入替戦日程】
1回戦 5/19(土)10:00 鳴教大G
2回戦 5/20(日)10:00 レクザムスタジアム
予備試合 5/20(日)13:00 レクザムスタジアム
※全試合Live配信予定


D2944E0F-2035-4204-A42A-577B54B71EBC.jpeg
8E8EB5AC-F3B6-4AAB-97AC-9B7991E2709F.jpeg
E788C673-C6A5-4240-8A21-A3C94BC22726.jpeg
8766ABDD-D035-4CCA-8260-6295B557845E.jpeg