リーグ展望〜2018秋

「四国地区大学野球新たな世代の幕開け」

記憶新しい今年度の春季リーグ戦は、四国学院大学が3季連続となるリーグ優勝を果たし、全国への切符をつかんだ。しかし、全国での結果は他リーグとのレベルの差を痛感するものとなった。そんな中迎える秋季リーグ戦。各大学、新戦力を整え盤石の布陣で今秋リーグ戦に臨むことはできるのか。
今秋4季連続となるリーグ優勝を目指す四国学院大学は、今春驚異的な打率で首位打者を獲得した水上(2年:帝京大三)、打点王を獲得した主砲の山田(2年:英明)が打線を牽引していきたいところ。投手陣は、今春軸を担った右腕の照屋(2年:那覇商業)を中心に、右腕の加藤(2年:新居浜東)、下地(2年:宮古)が支えていきたい。惜しくも優勝を逃した高知大学は、最多勝争いを演じたエース上ノ薗(3年:小林)、左腕の松藤(1年:岡豊)を中心に、今春チーム防御率№1の投手陣に隙はない。そんな投手陣を早いイニングで援護したい打線は、攻守でチームを支える尾谷(3年:矢上)、長打が期待できる柘植(3年:出雲)に期待したいところだ。愛媛大学は、優勝の鍵となる盤石な投手陣の復活に期待したい。今春、彗星のごとく現れ最多勝争いに名を連ねた右腕の中村(2年:松山南)、これまでチームを支え続けてきた亀岡(3年:松山東)、勝田(3年:津山)の復活に期待したい。打線も、持ち味の足を絡めた攻撃で大量得点を狙いたいところ。リードオフマンの今春盗塁王の澤谷(3年:金光学園)、扇の要となった吉森(3年:金光学園)が守備からもチーム打率3割越えのチームを支える。松山大学は、投手陣と打線がかみ合えば優勝へと大きく近づくだろう。今秋からエースとして投手陣の軸を担う田渕(3年:土佐塾)を中心に、剛腕唸る右腕の大東(2年:徳島城南)、新戦力として今春リーグでも先発を任された林(1年:明徳義塾)に期待が高まる。打線は、今春リーグで打率4割越えの田村(2年:藤井)、勝負所で特大の一発を放り込んだ小田原(3年:南宇和)を中心に投手陣を援護したいところ。今秋は巻き返しを図りたい高知工科大学は、尾崎(3年:徳島北)、山上(3年:丸亀城西)といった、投手陣の復調なくして、優勝は難しい。打線は、リードオフマンの杉野(2年:今治西)、主将として今秋からはチームを支える岡本祥(3年:岡山学芸館)、ここぞといった場面で頼れる男喜多(3年:池田)を中心に活躍が期待される。そして、4季ぶりにⅠ部昇格を果たした香川大学。打線は、Ⅱ部で首位打者を獲得した大杉(3年:倉敷商業)、打点王の田渕(3年:観音寺一)が、打線の屋台骨を担う。投手陣は、絶対的エース上西(4年:香川中央)、Ⅰ部昇格に大きく貢献した三村(3年:岡山操山)がチームの命運を左右することになるだろう。
4季連続の優勝を果たしたい四国学院大学。盤石の投手陣で守り切りたい高知大学。お家芸となった足で相手をかき乱せるか愛媛大学。新戦力が躍動するか松山大学。今春の巻き返しとなるか高知工科大学。Ⅰ部昇格の勢いそのままに優勝なるか香川大学。Ⅱ部でも、新たな戦いがⅠ部昇格を目指し繰り広げられること間違いないだろう。
今秋、勝利の女神が微笑むのはどの大学か。最後まで熱戦が繰り広げられること間違いなし!
四国地区大学野球連盟の運営陣も、さらなる運営の向上を目指し日々新たな課題に対し奮闘する日々を送っている。発展途上の現リーグをさらに活性化し盛り上げていけるよう、スタッフ一同これからも努力を惜しまない。

~2部リーグ展望~
Ⅱ部リーグでは、香川大学が完全優勝を果たし、勢いそのままに入れ替え戦を制し見事4季ぶりにⅠ部昇格を果たした。鳴門教育大学は、Ⅰ部再昇格に向けて徳島大学、香川高専、徳島文理大、徳島医大と熱戦を繰り広げる。