第四週見所~2018秋

秋季リーグ戦は早くも4週目へ突入した。第3週は降雨ノーゲーム・試合中止と雨に影響を受けた。第4週は高知市東部球場、安芸球場にて1箇所開催となる。


まず1つ目のカードは高工大対香川大。

現在5連勝中の高工大は初優勝を目指し絶対に勝ち点を落とせない戦いとなる。尾崎(3年・徳島北)、山上(3年・丸亀城西)の2本柱が安定しており強打の香川大打線に立ちはだかる。打撃も好調で切れ目のない打線が見ものだ。特に杉野(2年・今治西)・河原(2年・佐渡)の2年生コンビが好調で相手投手陣を苦しめる。対する香川大は第2週目に愛媛大戦で壮絶な打撃戦を制し勢いに乗る。センターの濱田(4年・創志学園)、開幕カードで本塁打を放った湯田(4年・丸亀)、1年生ながら好調の和久利(1年・大東)と6試合で33得点の打線は厚い。三村(3年・岡山操山)、大森(1年・岡山城東)など投手陣がどこまで踏ん張れるかが鍵となる。


2つ目のカードは愛媛大対四学大。

愛媛大は勝ち点を2つ落としこれ以上負けられない試合となる。昨季4勝をあげた中村(2年・松山南)、経験豊富な勝田(3年・津山)が四学大をどこまで抑えられるか。春盗塁王を獲得した澤谷(3年・金光学園)、4番今村(3年・三島)が打線の鍵となる。対する四学大はこれまでの試合苦しい試合展開となった。先発の加藤(2年・新居浜東)、照屋(2年・那覇商業)に加えリリーフの下里(1年・宮古総合実業)と層は厚い。打線は主将黒岩(3年・明徳義塾)と5番の山田倫(1年・四学大香川西)が好調でこの2人の前にランナーを溜めることがポイントとなる。


3つ目のカードは高知大対松山大。

2週では四学大に激戦の末敗れて勝ち点を落とす結果となった高知大は、尾谷(3年・矢上)をはじめとする上位打線を中心に繋ぎの攻撃で松山大の投手陣を打ち崩せるか。投手陣ではエース上ノ薗(3年・小林)の活躍に期待。対する松山大は、第2週に高工大に敗れ勝ち点を落としてしまっただけにここで挽回したい。主将の片岡(3年・広陵)をはじめ西本(2年・高知西)、越智(2年・新田)などを中心にどれだけ高知大の投手陣から点を奪えるか。投手陣では大東(2年・徳島城南)の頑張りが鍵になる。


1箇所開催、勝ち点を奪い優勝へ近づくことのできるチームはどこか、注目だ。

◆Ⅰ部

915日(土)9:30高工vs香大 高知東部球場・・・Live

915日(土)12:00愛大vs四学 高知東部球場・・・Live

915日(土)14:30高大vs松大 高知東部球場・・・Live

916日(日)9:00愛大vs四学 安芸球場・・・Live

916日(日)11:30高大vs松大 安芸球場・・・Live

916日(日)14:00高工vs香大 安芸球場・・・Live

【予備日程】

917日(月)9:30愛大vs四学 高知東部球場・・・Live

917日(月)12:00高大vs松大 高知東部球場・・・Live

917日(月)14:30高工vs香大 高知東部球場・・・Live


◆Ⅱ部

915日(土)10:00香専vs鳴教 番の州球場

915日(土)13:00香専vs鳴教 番の州球場

915日(土)10:00徳医vs徳大 志度球場

915日(土)13:00徳医vs徳大 志度球場

0C224FF4-AE40-4465-A88B-5CA542CBF3F0.jpegEBAAFA6F-814D-4912-8CE9-8B1D8491AE3A.jpeg561AFCBF-3EA3-4310-AAE2-2EEDA853DEB0.jpeg