2018秋1部 香川大対松山大 第3試合結果

924日(月)

香美球場

1156分開始(試合時間2時間10分)

主管 松山大学

観客数 44

イニングスコア

香川大=003|000|000||3

松山大=000|000|101||2

               

バッテリー

香川大=◯上西-湯田

松山大=●大東、河野、森安-田村直、三好

二塁打=多田(香川大)、植原、石山(松山大)

三塁打=なし

本塁打=なし

暴投=なし

捕逸=なし

野選=なし

MVP=上西(香川大)

VP=湯田(香川大)、植原(松山大)

審判=(秋友、久武、立野、大崎)


記事=戦いの舞台を香川から高知に移し行われた松山大と香川大の第3回戦。昨日とはうって変わって第1回戦さながらのロースコアの試合展開となった。

第1回戦と同じく松山大は大東、香川大は上西の両先発で始まったこのゲーム。

3回表、ここまで幾度とチームを救ってくれたエース上西を援護しようと香川大打線が奮起する。1アウトから2番多田が四球を選ぶと打席に迎えるは、昨日の4連打の火付け役でVPを獲得した主将の3番大杉。大東の落差のある変化球をうまくすくい上げると、打球は左前に落ちランナー12塁となりチャンスを拡大する。打線に勢いが増す。4番田渕が得意のストレートを振り抜くと、打球は12塁間を一閃し打球はライト石山のもとへ。ライトから好返球が返ってきたが判定はセーフ、香川大が四球からの連打で先制する。その後、香川大が相手のエラーとタイムリーで3点目を追加したところで、松山大は左の技巧派左腕河野をマウンドに送る。9番近藤を空振り三振に打ち取り見事火消しに成功する。

7回裏、前半歯車の噛み合わなかった打線がついに目覚める。淡々と2アウトを取ったが6番石山に四球を許すと、石山が快足を飛ばし盗塁を決め得点圏にランナーを進める。ここで松山大が勝負に出る。7番佐藤に代わり、松山大の右の大砲植原が打席に立つ。香川大エース上西の渾身のストレートを見事中前に弾き返し1点を返す。

2点ビハインドの9回裏、2アウトと追い込まれ打席にはこの試合、守備で好プレーを連発している5番高田。打球が三遊間寄りに転がりサード大杉がさばいて送球するも、ショートバウンドとなりファースト和久利がさばけず、高田の全力疾走も実り首の皮一枚つながる。ここで7回裏の攻撃の起点となった6番石山を迎える。3球続いた変化球をさすがに見逃さなかった。逆らわずに逆方向に打った打球は、三塁線を抜き1塁ランナー高田はホームまで全力疾走。1点を返し香川大にじりじりと詰め寄る。ここで打席を迎えるは、リーグ戦初打席の7番仲間。最終回までエースの底力を見せつける上西を相手に粘る姿を見せたものの、軍配は上西にあがり香川大が見事逃げ切り勝ち点を奪取した。


エースとして気迫の投球を見せ、9回まで試合の主導権を1度も譲らなかった上西(香川大)がMVPに。緊迫した場面で代打として結果を残した植原(松山大)と、攻撃・守備ともに扇の要としてチームを支えた湯田(香川大)がVPにそれぞれ選ばれた。

写真は、MVPの上西とVPの植原、湯田である。


17E3BFB7-3EC1-4852-ADE2-AB5A007EFF51.jpeg

48152086-0169-47BE-BCC7-560FCD095A98.jpeg

7C954830-E21B-4283-A89F-0E7405548300.jpeg

(報告者=松山大 佐藤)