2018秋2部徳島大対香川高専第1試合結果

10月6日(土)
香川高専グラウンド
13時31分開始(試合時間1時間50分)
主管 徳島大学
イニングスコア
香川高専=0000000|0
徳島大    =210115 × |10
      (7回コールド)

バッテリー
徳島大=河野ー岡本
香川高専=宮下ー岩井
二塁打=京川3、古閑、森下(徳大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
打撃妨害=なし
守備妨害=なし
MVP=京川(徳大)
VP=河野(徳大)、大河(高専)

記事=徳島大は初回、ランナーを2人置いた状況で京川のレフトを超える二塁打で2点を先制する。2回、4回、5回に1点を加えた徳島大は6回に古閑の二塁打を皮切りに京川が今日3本目の二塁打を放つと森下、甲矢も続き4点を追加する。対する香川高専は河野の前に4回までチャンスを作れなかったが、二死から松尾の四球、吉田の中前安打、岩井の四球でチャンスを作るも後続が続かなかった。
試合は河野がリードを守りきり、徳島大が10対0で勝利した。
MVPには4安打を放った京川(徳大)が、VPには7回無失点に抑えた河野(徳大)と再三チャンスを作った大河(高専)が選出された。

(報告者=徳島大 竹野)