2018秋2部徳島大対香川高専第2試合結果

10月6日(土)
香川高専グラウンド
15時45分開始(試合時間2時間10分)
主管 徳島大学
イニングスコア
徳島大       =102020000|5
香川高専   =000000000 |0
      

バッテリー
徳島大=金城、大西、田上、邨田ー岡本
香川高専=藤井、松尾ー岩井
二塁打=松浦、森下、甲矢(徳大)宮下(高専)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
打撃妨害=なし
守備妨害=なし
MVP=金城(徳大)
VP=松浦(徳大)、松尾(高専)

記事=徳島大は初回、1番田中が四球で出塁し、松浦の右中間への安打で1点を先制する。対する香川高専は2回に5番平松が右前安打で出塁すると、藤井の安打、松尾の四球で得点のチャンスを作るも、徳大先発金城が粘りの投球を見せ、ピンチを切り抜ける。3回徳島大は岡本、田中をランナーに置き、松浦がレフトフェンス直撃の二塁打を放ち、2点を追加する。5回にも2点を追加した徳島大は終盤3人の投手で継投し、終始試合を優位に進め、5対0で勝利した。
MVPは5回を無失点に抑えた金城(徳大)がVPには三打点と活躍を見せた松浦(徳大)と6回から登板し無失点に抑えた松尾(高専)が選出された。

(報告者=徳島大 竹野)