2018新人戦四学大対愛媛大1回戦第1試合結果

11月10日(土)、山越グラウンド、
11時39分開始(試合時間1時間44分)
主管 四国学院大学 観客数 42人

イニングスコア
四国学院=000|0 00||0
愛媛大学=102|313×||10
(大会規定により6回コールド)

バッテリー
四国学院大学=●安岡、森-岡村
愛媛大学=〇松本健-馬場

二塁打=藤本、宇田賀(愛大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし

MVP=松本健(愛大)
VP=馬場(愛大)、なし(四大)

審判(小林、高木、高橋 )

記事=愛媛大学山越グラウンドで行われた1回戦の第2試合は、愛媛大学と四国学院大学の顔合わせとなった。愛媛大学先発の松本健は初回、四国学院打線を三者凡退に切ってとり、危なげない立ち上がりをみせる。松本健のテンポの良い投球を援護したい打線はその裏、ツーアウトから3番宇田賀のレフト前ヒットを足掛かりに4番藤田、5番馬場の3連打で幸先よく1点を先制する。その後も松本健はランナーを背負うも、要所を占めるピッチングで四国学院打線を封じ込める。追加点が欲しい愛媛大学は3回、一死後、連打、四球で満塁のチャンスを迎えると、7番藤本が痛烈な打球で3塁線を破る二塁打を放ち、2点を追加。この回で四国学院先発の安岡を引きずり下ろす。代わった2番手森からも、宇田賀のセンターオーバーの二塁打、押し出しの四死球などで追加点を挙げ、試合を優位に進める。7-0で迎えた6回裏、2つの押し出しで9-0とし、一死満塁から2番吉中。浅いセンターフライに倒れるも、3塁ランナー藤本が果敢にホームを陥れ、犠牲フライとなりサヨナラコールド。愛媛大学が10-0で初戦をものにした。MVPには6回を被安打2、無失点に抑えた松本健が、VPには松本健(愛大)を好リードし、自らも3安打を放った馬場(愛大)が選ばれた。

愛媛大学 1勝0敗(通算 1勝0敗)
(報告者=愛大 種村)
1541857864664.jpeg1541857872589.jpeg