愛媛県野球フェスティバル 2018 交流戦試合結果


11月23日(金)坊っちゃんスタジアム
13:29開始(試合時間 2時間32分)
観客数 97人

イニングスコア
愛媛選抜=011|000|201|5
帝京第五=002|600|00×|8

バッテリー
愛媛選抜=加藤、(負)金本、松本、森、萩森ー河野、三好
帝京第五=(勝)坂本、笹山、伊吹、片山ー片岡
二塁打=今村(選抜)、谷本(帝京)
三塁打=宮内(帝京)
本塁打=なし
暴投=伊吹、片山(帝京)
捕逸=なし
野選=なし
審判=(高橋、白方、高市、田代)

記事=えひめ愛 野球博の記念事業の一環として開催された愛媛県野球フェスティバル2018。
愛媛県内の学童、中学選抜、高校、大学、社会人チームの計22チームが坊ちゃんスタジアム・マドンナスタジアムに集結し、野球教室、交流試合を行った。愛媛県大学野球選抜は、例年同様、四国4県の大学から集まった愛媛県内の高校出身者で構成されたチームで、帝京第五高校との試合に臨んだ。
大学選抜は2回表、安打に加え、四球や走塁を絡めて一死1・3塁とすると、8番加地(四学/三島)の左前適時安打で帝京第五から先制点を奪い、大学生の貫禄を魅せる。
3回表にも得点を追加し、大学生としてのプライドを見せつけた大学選抜にその裏、帝京第五が負けじと反撃の狼煙をあげる。
9番宮内が中越三塁打を放つと、すかさず適時安打と犠打を絡めて同点に追いつく。
その後も攻撃の手を緩めることを知らない帝京第五打線。4回から登板した金本(高工/今治西)が制球難に苦しむ中、5四死球を選び4安打で6得点と逆転に成功。大学選抜もこのままでは終われないと、7回失策と安打で無死1・2塁とすると、高橋(松大/西条)の右前適時安打で1点を返す。流れに乗り、バッテリーミス間に進塁すると、この日大学選抜をキャプテンとして牽引する4番今村(愛大/三島)の一塁手への鋭い打球で4点差に詰め寄る。
お互い好投手に打ちあぐねている内に、試合は最終回へ。大学選抜の3番杉野(高工/今治西)が中前安打で出塁し、山岡(松大/今治北)が打点を挙げるなど粘りの強さを見せたが、最後は三ゴロで試合終了。
5-8で愛媛県大学選抜は、高校生相手に悔しい敗戦となった。

今回、他大学の選手との交流の貴重な場として四国地区大学野球連盟のレベルアップと、春季リーグ戦に向けて盛り上がる良い機会であった。
また、午前中の野球教室では、普段指導されている側の選手が小学生たちに指導を行うことによって、大学生の選手たちにとっても良い経験、新たな視点で物事を見るきっかけにもなったことだろう。
さらなる野球王国の復興に向けて愛媛県全体が一枚岩となり精進していきたい。

写真は、野球教室の様子と交流戦時の写真である。

DF27C783-6B2E-4E1F-826D-80DF725BE528.jpeg
7DD17FCF-485A-4282-98BA-9B9EF2A229FA.jpeg

(報告者=松山大 檜垣)