第1週見所~2019春~

2019年春季リーグ 第一週見どころ

今年もついに四国地区大学野球春季リーグ戦の季節となった。第一週は4月6日、7日に行われる。

対戦カードは、高知大学vs香川大学(6日番の州球場、7日志度球場)、四国学院大学vs愛媛大学(香美球場)、高知工科大学vs松山大学(香美球場)となっている。

高知大学と香川大学の対決は、高知大の厚い投手層と香川大の破壊力抜群の攻撃陣が対峙する。高知大は四国ナンバーワン右腕との呼び声高い上ノ薗、左腕松藤を中心とした投手陣の出来がカギを握るだろう。対する香川大は昨季ベストナインの田渕、強肩強打の捕手大原を軸とした野手陣の調子が試合結果を左右することになりそうだ。

四国学院大学と愛媛大学のカードは第一週最注目カードといっても過言ではない。
山田晃、山田倫をはじめとするパワーヒッターと機動力抜群の攻撃陣に、加藤、照屋、伊與木をはじめとする盤石な投手陣と、攻守にスキがない四国学院。対する愛媛大学は、最速が140キロ後半という驚異の速球を持つ左腕エース勝田、復活が期待される右腕エース亀岡を軸とした豊富な投手陣に加え、お得意の機動力野球とパワー十分のスラッガー達が四国学院相手に通用するかが勝負のカギを握るだろう。

高知工科大学と松山大学のカードは高知工科大学が松山大学をホーム香美球場に迎えてのカードとなる。昨季覇者の高知工科大は尾崎、山上のダブルエースを中心とした難攻不落の投手陣に、昨季三冠王と圧倒的な数字をマークした主砲河原、盗塁王の杉野らタイトルホルダーがチームをけん引する。対する松山大学は大東、田渕の両右腕に加え、左腕河野が強力高知工科大打線を相手にどこまで踏ん張れるかがカギとなるだろう。

優勝争いを左右する重要な第一週に注目だ。


◇1部

4月6日(土)

・高知大―香川大 番の州球場 13:00

・四学大―愛媛大 高知工科大学香美球場 第一試合9:30 第二試合14:30…Live!!

・高工大―松山大 高知工科大学香美球場11:30…Live!!

4月7日(日)

・高知大―香川大 志度球場 第二試合10:00 第三試合(※第二試合までで1勝1敗の場合の予備日程)13:00

・四学大―愛媛大 高知工科大学香美球場 (予備日程)11:30…Live!!

・高工大―松山大 高知工科大学香美球場 第二試合9:00 第三試合(予備日程)14:00…Live!!


◇2部

4月6日(土)

・徳大医ー香川高専 津田球場 第一試合10:00 第二試合 13:00

4月7日(日)

・鳴教大ー新居浜高専 鳴門教育大学グラウンド 第一試合10:00 第二試合13:00