2019春1部 四学大対愛媛大 第2試合結果

46日(土) 香美球場

15:59開始(試合時間2:43)

主管 四国学院大学 観客数40

イニングスコア

四学大=500|110|11|9

愛媛大=100|001|00|2

(大会規定により8回コールド)

バッテリー 

四学大=〇照屋、下里-河野

愛媛大=●松本、亀岡、高木、立岩-村瀬、浜本

二塁打=知念、黒岩(四学大)

三塁打=黒岩、山田晃、川満(四学大)田上(愛媛大)

本塁打=なし

暴投=なし

捕逸=なし

野選=なし

MVP=黒岩(四学大)

VP=照屋(四学大)

       藤田(愛媛大)

       

審判=(岩井、石元、川江、大崎)


記事=1回戦は3時間を超える熱戦を繰り広げた四学大対愛媛大のカード。試合は初回から動く。四学大は先頭の知念が四球で出塁、すぐさま盗塁でチャンスを作ると2番黒岩のタイムリーで1点を先制。さらに4番山田晃、6番山田倫、9番寺北にもタイムリーが飛び出しこの回7安打一挙5得点で愛媛大先発松本をわずか2/3でノックアウトする。流れを切りたい愛媛大は2番手に怪我から復帰の亀岡が登板。3回まで無失点に抑える。4回にタイムリーを浴び1点を失うもエースが帰ってきた愛媛大の投手陣は今後も期待だ。好投に応えたい愛媛大打線は四学大先発照屋からチャンスを作るもあと1本が出ない。四学大は小刻みに得点し8回には5番河野の犠牲フライで9-2とする。なんとかこの試合で決めたい愛媛大は代打攻勢を仕掛けるも無得点に終わり大会規定により8回コールドで四学大の勝利。

四学大対愛媛大の決着は3回戦へ持ち越しとなった。



MVPには2安打2打点の黒岩(四学大)が、VPには72失点の好投を見せた照屋(四学大)と猛打賞の活躍を見せた藤田(愛媛大)が選ばれた。


四国学院大学 11敗(通算 勝点0 11敗)


(報告者=四国学院大学 髙木)

F38AAA80-64BE-4CF3-8497-832F3DAF420C.jpeg21582FF1-60C7-4EC2-B1CD-DFB61E5DF3B7.jpeg5C34850E-3D08-404E-AD74-98F7CC3314A9.jpeg