2019春1部 高工大対松山大 第2試合試合結果

47日(日)香美球場

8:54開始(試合時間2時間32分)

主管高知工科大学観客数160

イニングスコア

高工大=003|000|030|6

松山大=000|000|300|3

バッテリー

高工大=〇山上、大地、伊與田-門田、宮田、清水

松山大=田渕、玉木、⚫️河野-三好、田中

二塁打=當田、山本卓、新宅、政門(高工)

三塁打=杉本(高工)

本塁打=なし

暴投=なし

捕逸=なし

野選=なし

MVP=杉本(高工)

VP=山本卓(高工)


審判=(久武、森田、武市、伊藤)


記事=ここで勝利し勝ち点を取りたい高工大と何としても防ぎたい松山大の対戦は高工大山上、松山大田渕の先発で始まった。

試合は3回表、3番當田の左中間二塁打で大きな動きを見せる。続く河原の内野安打、山本卓の右中間適時打で3点先制し勢いをつける。

その後追いつきたい松山大は7回裏、代打渡部壮が相手の失策により出塁。さらに代打川本の内野安打、代打宮崎の四球により無死満塁となり、続く代打篠浦が死球押し出しで1点を返した。その後、高橋、川又の内野ゴロで2点を返し同点に追いついた。

しかし直後の8回表、新宅が右前安打により出塁すると、杉本の左中間適時打で一点を追加する。その後も政門の犠飛、相手の失策で福田が出塁すると當田の左前適時打で2点を追加した。

高工大は残りのイニングを投手大地、伊與田の好投で無失点に抑え、63で高工大が勝利した。


MVPには勝ち越し打を放った杉本(高工大)が、VPには先制適時打を放った山本卓(高工大)が選出された。

9FCABAC9-7CF7-4D69-90A9-9A1C1761BF77.jpeg
34B1509F-42ED-48D5-A105-71213218FE9F.jpeg
高知工科大学 2勝0敗
(通算2勝0敗 勝点1)

(報告者=高工大 松木)