第2週見所~2019春~


雲ひとつない快晴の下、4月6日より四国地区大学野球春季リーグ戦が開幕し、各カード激戦が繰り広げられた。

4月13〜15日に行われる第2週の対戦カードは、松山大学vs四国学院大学(今治球場)、愛媛大学vs高知大学(今治球場)、香川大学vs高知工科大学(13日観音寺総合運動公園、14日志度球場)となっている。

松山大学と四国学院大学のカードは、今治球場で開催される。
松山大学は、球速・コントロールともにパワーアップした大東を軸に、田渕、河野、玉木ら投手陣の踏ん張りが鍵となる。打線ではリードオフマンを務める川又、好打者山岡らがキーマンとなるだろう。
対する四国学院大学は、第1週快投を見せたエース加藤、伊與木、照屋ら投手陣を強力打撃陣が援護できるかが勝ち点奪取へ大きな鍵となる。俊足の1番知念の後に座る、2番黒岩、3番水上、4番山田晃の長打力に期待だ。
勝ち点奪取に向け、負けられない戦いとなるだろう。

愛媛大学と高知大学のカードは、ロースコアの展開が予想される。
四国学院大学の強力打線に対し粘り強いピッチングを見せた愛媛大学投手陣は、高知大学戦でも要所を締めるピッチングが期待される。特に亀岡、勝田、中村の安定感は勝利へ欠かせないものとなるだろう。打線は、上位から下位まで相手の隙を突く攻撃ができるか。好調藤田のバッティングにも期待がかかる。
対する高知大学は、エース上ノ薗に期待が寄せられる。チームの大黒柱が試合の流れを引き寄せられるか。第1週で好投を見せた左腕松藤のピッチングにも注目だ。攻撃面では第1週でホームランを放った松本、高木ら好調打撃陣の援護が鍵を握るだろう。堅実な野球スタイルで試合を優位に進めたい。

香川大学と高知工科大学のカードは、昨秋の1位2位の対決となる。田渕、大原、和久利の強力クリーンナップが尾崎、山上ら難攻不落の高知工科大学投手陣に挑む。守りでは渡部、大森、谷藤らの継投を経験豊富な捕手大原が巧みにリードし、粘り強さを見せるだろう。
対する高知工科大学は、昨秋王者として第1週でも安定した試合を繰り広げた。尾崎、山上のWエースがテンポの良いピッチングで流れをつくり、攻撃へと繋ぐだろう。3番杉野、4番河原ら昨秋のタイトルホルダーが並ぶ強力打線の奮起が命運を握る。

悲願の優勝へ向け、負けられない第2週の戦いに注目だ。

♢Ⅰ部

4月13日(土) 

松山大ー四学大 今治球場10:00·····LIVE!

愛媛大ー高知大 今治球場13:00·····LIVE!

高工大ー香川大 観音寺運動公園13:00


4月14日(日) 

愛媛大ー高知大 今治球場10:00·····LIVE!

松山大ー四学大 今治球場13:00·····LIVE!

高工大ー香川大志度球場 10:00

高工大ー香川大志度球場 13:00(予備日程)


4月15日(月)

愛媛大ー高知大今治球場10:00(予備日程)·····LIVE!

松山大ー四学大今治球場13:00(予備日程)·····LIVE!



♢Ⅱ部

4月13日(土)

德医大ー徳島大 みろく球場10:00

德医大ー徳島大 みろく球場13:00

香高専ー新高専 番の州球場10:00

香高専ー新高専 番の州球場13:00


BDDC6353-5FA9-4083-8853-6B94679E2840.jpeg9FCABAC9-7CF7-4D69-90A9-9A1C1761BF77.jpeg6F3EC00F-5989-4193-8B98-32A442EEC8F5.jpeg5C34850E-3D08-404E-AD74-98F7CC3314A9.jpeg0EDADB8D-F833-40B9-A280-6E6F9006F1B5.jpeg