2019春1部 高工大対香川大 第1試合結果

4月13日(土)
観音寺市総合運動公園野球場
13時01分開始(試合時間2時間36分)
主管香川大学
観客数36人
イニングスコア
高工大=002|000|110||4
香川大=002|001|001x||5x
バッテリー
高工大=尾崎、金本、●大地ー門田
香川大=大森、〇平岡ー大原
二塁打=山本卓(高工大)
三塁打=なし
本塁打=杉野(高工大)
暴投=大森
捕逸=なし
野選=なし
MVP=仲島(香川大)
VP=大原(香川大)、杉野(高工大)

審判=(塩田良、塩田将、片桐)

記事=第1週で勝ち点を獲得してこのまま波に乗りたい高工大と、第1週で惜しくも勝ち点を逃した香川大の第1回戦。
試合は3回から動き出し、3回表に8番杉本が右前安打で出塁すると9番政門の犠打で進塁。一死二塁の好機で1番杉野が左越本塁打を放ち2点を先制。
しかしその裏、香川大も反撃に出る。8番山谷が四球で出塁すると、9番近藤の犠打で進塁。さらに1番大原が失策で出塁し、2番多田が右前安打を放ち一死満塁の好機を迎える。3番山本、4番田渕ともに四球を選び、押し出しにより2点を返して試合は振り出しに戻った。香川大はさらに6回裏、6番仲島が左前安打で出塁すると、7番吾郷が中前安打、9番近藤が死球で二死満塁の好機を迎える。そして1番大原の左前2点適時打で追加点をあげることに成功する。
このままでは終われない高工大は7回表に5番山本卓が四球で出塁、6番門田の左前安打で無死一三塁の好機を迎え、7番新宅の犠飛で1点を返す。香川大の先発大森は7回を3失点に抑え、2番手平岡に繋ぐ。高工大はさらに8回表、3番當田が四球で出塁、5番山本卓の右への二塁打で3番當田が生還し、さらに1点を追加。試合は最終回へもつれ込む。
最終回、香川大平岡が高工大を三者凡退に抑え、香川大を勢いづけると、3番山本の中前安打、5番和久利の内野安打で一死一三塁サヨナラの好機を迎えた場面。6番仲島が左前適時打を放って、山本の代走である柳島が生還し、4対5で香川大の勝利となった。

MVPには9回に劇的な幕切れとなるサヨナラ適時打を放った仲島(香川大)が、VPには6回に勝ち越しとなる2点適時打を放ちチームを勢いづけた大原(香川大)と、左中間への2点本塁打を放ち先制点をあげた杉野(高工大)が選出された。

香川大学 1勝0敗(通算 勝ち点0 2勝2敗)

(報告者=香川大学 松本)
DSC04104.JPGDSC04130.JPGDSC04071.JPG