2019春 香川大対高工大 第3試合結果

4月14日(日)
志度総合運動公園野球場
12時56分開始(試合時間1時間44分)
主管香川大学
観客数49人
イニングスコア
香川大=000|000|000||0
高工大=000|000|10x||1x
バッテリー
香川大=●大森―大原
高工大=〇尾崎、金本―門田
二塁打=枚田(高工大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
MVP=尾崎(高工大)
VP=新宅(高工大)、大森(香川大)

審判=(田中、竹田、西池、堀田)

記事=互いに1勝を決め、今週こそ勝ち点を獲得したい香川大と、ここでもう1勝して勝ち点を獲得し、優勝へ1歩近づきたい高工大の第3試合。
先行の香川大は1回表で1番大原が内野安打で出塁するも、後に続けない。その後も3回表に8番山谷が内野安打、8回表に7番吾郷が右前安打と8番山谷が中前安打を放つも、高工大の先発尾崎を崩すことができず、点を決めることができない。
対して高工大、1回裏で2番新宅が中前安打、2回裏で6番芦浦が右前安打を放つなどするも、後に続けずランナーを還すことができない。5回裏で9番枚田が左への2塁打を放ち、2番新宅の犠打で二死三塁のチャンスを迎えるが、香川大の先発大森が粘りを見せて得点を許さない。
試合が動いたのは7回裏、7番代打山本光が四球で出塁すると8番杉本が中前安打で無死一二塁の場面。9番枚田のピッチャーゴロで8番杉本が進塁し、2番新宅の右前安打で杉本が生還。1点を先制する。
その後最終回でも香川大は得点を得ることができず、0対1で高工大の勝利となった。
MVPには、8回81球と完璧な投球で無失点に抑えた尾崎(高工大)が、VPには、7回に決勝打を放ち勝ち点獲得へとつなげた新宅(高工大)と、強力高工大打線を9回1失点に抑え、高工大エース尾崎としびれる投手戦を演出した大森(香川大)が選出された。

高工大2勝1敗(通算 勝ち点2 4勝1敗)
(報告者=香川大 松本)
DSC04297.JPGDSC04287.JPGDSC04279.JPG