第三週見所〜2019春

ここまで1敗の愛媛大と高工大が勝ち点2で同率首位。その2チームに続き高知大と四学大が共に勝ち点1としており、香川大と松山大は未だ勝ち点0と苦しい戦いが続いている。

 

3週の第1カードは、四学大対香川大。

四学大は、第1週の愛媛大戦で2打席連続本塁打を放った山田晃(3年・英明)を筆頭に、走攻を武器とした知念(3年・沖縄水産)、また黒岩(4年・明徳義塾)、水上(3年・帝京第三)、山田倫(2年・四学大香川西)などの好打線がいかに得点に繋がるかが勝負の鍵である。エース加藤(3年・新居浜東)、照屋(3年・那覇商業)、伊與木(4年・岡豊)がどこまで香川大を抑えるかも見どころである。

対する香川大は、第1週、第2週共に第3戦目までもつれるものの勝ち点がとれていない。高知大戦、高工大戦で本塁打を放った和久利(2年・大東)や攻守ともに安定感のある大原(4年・高知追手前)、また好調の仲島(4年・総社南)の打撃陣に期待したい。大森(2年・岡山城東)を筆頭とする投手陣にも注目だ。


2カードは、高知大対高工大。

高工大から勝ち点をとり、優勝に近づきたい高知大は、これまで好投をみせる左腕松藤(2年・岡豊)に期待が寄せられる。最も注目すべきは投手陣の顔である上ノ薗(4年・小林)だろう。また、チャンスを作る大石(3年・呉宮原)や本塁打を打ち好調の松本(4年・岡山城東)にも期待したい。

対する高工大は、安定感をみせる尾崎(4年・徳島北)、山上(4年・丸亀城西)に加え、金本(2年・今治西)、大地(3年・松山北)にも注目である。攻撃陣は、好調の新宅(2年・広島新庄)、當田(3年・大島)、山本卓(4年・岡豊)、門田(2年・高知)を初めとし、香川大戦で本塁打を放った杉野(3年・今治西)に期待したい。高工大の好調打線と高知大の投手陣との戦いは見どころである。


3カードは、愛媛大対松山大。

1週、第2週と順調に勝ち点を獲得してきた愛媛大は、四学大戦で72失点と好投を見せた左腕エース勝田(4年・津山)と高知大戦で被安打1で完封した右腕エース亀岡(4年・松山東)、昨年新人王にも輝き安定感もある中村(3年・松山南)と好投手が揃う。また、四学大戦3試合中2試合で三塁打を放った田上(3年・豊田南)、チャンスに強い今村(4年・三島)、藤田(2年・新居浜西)などの攻撃陣は松山大投手陣の脅威となるだろう。

対する松山大は、四学大戦で完封したエース大東(3年・徳島城南)と田渕(4年・土佐塾)、河野(3年・臼杵)が波に乗っている愛媛大打線をどこまで抑えられるかが鍵になるだろう。また、四学大戦で2点適時打を放った小田原(4年・南宇和)、高工大戦で三塁打を放った川又(3年・西条)にも注目だ。


この第3週は順位に大きく影響するだろう。優勝に近づくのはどのチームか、楽しみである。



◆Ⅰ部

420日(土)10:00 愛大vs松大東予球場・・・Live

420日(土)13:00 四学vs香大レクザムボールパーク丸亀

420日(土)13:00 高大vs高工香美球場

420日(土)13:00 愛大vs松大東予球場・・・Live

421日(日)10:00 四学vs香大レクザムボールパーク丸亀・・・Live

421日(日)10:00 高大vs高工香美球場


◆Ⅱ部

420日(土)鳴教vs徳医鳴教大グラウンド

420日(土)徳大vs香専浜公園川之江野球場


14AB99A9-6D99-44A6-B918-B04DDB02D32A.jpeg
EF103BD5-00F6-45C5-BF77-4B436E6598ED.jpeg
F1BF4252-05B4-4C97-95B9-49A3EC66C1B6.jpeg
91D9A1F1-6FB7-465E-90D7-A554B3DFC8E7.jpeg
573B3305-9B39-4706-9056-54DD646C479B.jpeg
CE78C1EA-1DEA-4A51-A287-C052D7150116.jpeg