第4週見所~2019春~

2019年春季リーグ戦も早くも第4週目を迎える。平成最後となる試合は高知市東部野球場を舞台に一か所開催で行われる。
第1カードは高知大対四学大。勝ち点1同士の両チーム、上位に食い込むためには勝ち点が欲しいところ。
第3週惜しくも勝ち点を逃した高知大は、好調の尾谷(4年・矢上)、松本(4年・岡山城東)らの前にランナーを貯められるかがカギとなるだろう。強力、四学大打線に挑むにはエース上ノ薗(4年・小林)の復調が必要不可欠である。
対する四学大は、第3週で香川大に2連敗と、苦しい状況。今季先発を多く担っている加藤(3年・新居浜東)と富田(3年・志度)の両腕が最少失点に抑え、優位に試合を進めたい。攻撃では中軸を担う水上(3年・帝京第三)、山田晃(3年・英明)、河野(3年・南宇和)を中心に高知大投手陣を攻略したい。
第2カードは香川大対松山大。勢いに乗る香川大とここまで勝ち点0と負けられない松山大。
香川大は第3週、四学大から勝ち点1を奪い勢いがある。注目すべきは、第3週でホームランを放った大原(4年・高知追手前)や、田渕(4年・観音寺第一)、和久利(2年・大東)擁する超強力打線だ。また、粘り強いピッチングを続ける大森(2年・岡山城東)を中心とした若い投手陣の継投にも期待したい。
対する松山大は未だ勝ち点0と、苦しい戦いが続いているが、剛腕大東(3年・徳島城南)、左の技巧派河野(3年・臼杵)、18番を背負う田渕(4年・土佐塾)ら、タイプの違う投手陣で香川大打線の的を絞らせないことが重要となるだろう。好調の渡部壮(2年・松山聖陵)、松山大の安打製造機山岡(3年・今治北)らを中心とした繋ぐ攻撃で主導権を握りたい。
第3カードは高工大対愛媛大の首位直接対決。このカードを制したチームがグッと優勝を引き寄せるだろう。
高工大は、高知大との第3戦ではサヨナラ勝ち収めており、勢いは申し分ない。勝利のカギとなるのはやはりその打線だろう。杉本(3年・高知)、枚田(3年・大阪偕星学園)、山本卓(4年・岡豊)らが好調で、隙のない攻撃に期待がかかる。尾崎(4年・徳島北)と山上(4年・丸亀城西)の長年高工大を支えてきたダブルエースもここが正念場だ。
対する愛媛大は、昨季最下位ながらも今季は本来の力を出せている。復活の亀岡(4年・松山東)、速球派左腕、勝田(4年・津山)、そしてリリーフエース中村(3年・松山南)の三本柱がどこまで踏ん張れるかが重要となってくる。打線は今村(4年・三島)や澤谷(4年・金光学園)ら左右の好打者が揃う。それに加えて持ち前の機動力で大量得点を狙いたい。
今リーグも終盤。ここからの試合で各チームの底力や真の実力が試されるだろう。
◆Ⅰ部
4月27日(土)
9:30 高知大対四学大  高知市東部野球場・・・Live
12:00 香川大対松山大 高知市東部野球場・・・Live
14:30 高工大対愛媛大 高知市東部野球場・・・Live
4月28日(日)
9:00 香川大対松山大  高知市東部野球場・・・Live
11:30 高工大対愛媛大 高知市東部野球場・・・Live
14:30 高知大対四学大  高知市東部野球場・・・Live
4月29日(月)
9:00 香川大対松山大 高知市東部野球場(予備日程)・・・Live
11:30 高工大対愛媛大 高知市東部野球場(予備日程)・・・Live
14:30 高知大対四学大 高知市東部野球場(予備日程)・・・Live
◆Ⅱ部
4月27日(土)
10:00 香専対鳴教 香川高専グラウンド
13:00 香専対鳴教 香川高専グラウンド
10:00 徳大対新専 鳴門教育大学グラウンド
13:00 徳大対新専 鳴門教育大学グラウンド
7637919C-A386-4F41-8DBC-6BDB8DE2143E.jpeg7B11938F-655B-49FD-9694-137150A84046.jpegCF30BA1E-D37A-4DEB-A387-7C9B52C744DE.jpeg0811A124-CBB0-4C05-B6B8-4AE7EE6C352F.jpeg777E15A3-7542-429A-8503-63704A16F3EC.jpeg