2019春 1部 四学大対高知大 第1試合結果

427東部球場

925分開始(試合時間2時間55分)

主管高知大学観客数164


イニングスコア

四国学院=001|041|100||7

高知大学=003|001|001||5


バッテリー

四国学院=加藤、照屋、下里ー河野

高知大学=松藤、森山、藤原、西川ー菅野、矢須


二塁打=山根、山田晃、川満(四学)、柘植(高大)

三塁打=黒岩(四学)

本塁打=水上(四学)、尾谷(高大)

暴投=西川(高大)

捕逸=なし

野選=なし


MVP=川満(四学)

VP=水上(四学)

         尾谷(高大)

審判(秋友、石元、川江、竹葉)


記事=今リーグAクラス入りを目指す両チームの対戦は高知大学のホームグラウンドである東部球場で開催された。マウンドには高知大・松藤、四学大・加藤がそれぞれ上がった。

 先制したのは四学大、3回に先頭の9番山根が四球で出塁すると、続く川満の内野安打で0アウト12塁とする。2番下地は凡退するも、3番黒岩が送球エラーを誘う内野ゴロで1点を奪う。ホームで負けられない高知大はその裏先頭の1番柘植、2番近藤が連続安打で出塁すると打撃好調の尾谷がレフトへ3点本塁打を放ち逆転に成功する。5回四学大はここまで苦しめられた高知大学先発松藤を遂に捉える。8番水上が左中間へ1点本塁打を放つと、続く山根、川満の連続安打で0アウト23塁を作る。代打の成田が犠牲フライを放ち1点を追加すると、3番黒岩がライト越の三塁打、4番山田晃がレフト前への安打でこの回一挙4点を奪う。その後両チーム1点ずつを追加し、迎えた7回、四学大は代わったばかりの高知大森山を3番黒岩がレフト前安打、4番山田晃のセンターへの二塁打の間にさらに1点を追加し、スコアを7-4とする。最終回、このままでは終われない高知大は安打や四球などで2アウト満塁とすると6番中山が押し出しとなる四球を選び1点を返すが、後続が続かずゲームセット。


MVPには4安打でチームに勢いをつけた川満(四学)が選ばれた。

VPには今季初本塁打を放ち復調の兆しを見せた水上(四学)と一時逆転となる今季二本目の本塁打を放ち、チームに勢いを付けた尾谷(高大)が選ばれた。


高知大学01敗(通算勝点1 36敗)

(報告者=高知大学 高木)

419E75C7-6732-4F4E-A0A5-50AE2B3B7080.jpegE56836FF-450E-4948-A30B-25DD6C15AE87.jpegC5F894B4-4EB1-4A13-A7B3-9231A4A07B84.jpeg