2019春1部愛媛大対高工大 第1試合結果

427日(土)

東部総合運動野球場

1549分開始(試合時間2時間21分)

主管高知工科大学

観客数115

イニングスコア

愛媛大=000|010|000||1

高工大=000|000|21X||3

               

バッテリー

愛媛大=亀岡、勝田、中村-浜本

高工大=○尾崎-門田

二塁打=藤田、山田(愛大)

三塁打=なし

本塁打=なし

暴投=なし

捕逸=なし

野選=なし

MVP=尾崎(高工)

VP=當田(高工)、亀岡(愛大)

審判=(竹葉、川江、秋友、石元)


記事=共に勝ち点3とし勢いにのる愛媛大と高工大の首位対決は、1ヶ所開催で東部総合運動野球場を舞台に行われる。第1回戦の試合は、愛媛大の亀岡と高工大の尾崎の両先発で始まる。

3回表、愛媛大の攻撃は一死から9番・浜本が失策で出塁すると、1番・大前、2番・太田の連続安打により満塁となる。しかし高工大の投手・尾崎の好投により無失点に抑えられる。

その裏、高工大の攻撃は7番・杉本が内野安打、1番・杉野が中前安打により出塁するも、愛媛大の投手・亀岡が無失点に抑える。

両先発の緊迫した投手戦の中、試合が動いたのは5回表。愛媛大の9番・浜本が内野安打により出塁すると、1番・大前の犠打により二塁へ進塁する。そして2番・太田の右前安打で浜本が一気に生還し1点を先制する。

何とか追いつきたい高工大は7回裏、先頭の代打・芦浦が四球により出塁すると、続く1番・杉野の四球、2番・新宅の内野安打により無死満塁となる。ここで3番・當田が左前二点適時打を放つ

更に8回裏、二死一塁の場面で1番・杉野が内野安打で出塁。ここで7回から登板の愛媛大中村の投球が定まらず2つの四球による押し出しで1点を追加する。

取り返したい愛媛大だが、高工大の尾崎に6回以降2安打に抑えられ、1-3で高工大の勝利となった。


MVPには9回を投げきり1失点と好投を見せた尾崎(高工)が、VPには3打点で全ての得点に貢献した當田(高工)、1回から6回までを無失点に抑えた亀岡(愛大)が選出された。


A56A2CFF-A3EC-464F-89E8-8D2F260674A0.jpeg
E1A90E4B-1CAA-4BB7-A709-A8F058E0CA67.jpeg
5E9AD0F0-50E0-41F8-B4C5-226B4BFDF455.jpeg

高知工科大学10

(通算72勝点3)


(報告者=高工大 濵田)