プレーオフ(5-6位順位決定戦)見所~2019春~

各大学順位が決まった中、松山大と香川大の二大学が勝ち点・勝率ともに並びプレーオフ(5-6位順位決定戦)を行うこととなった。
松山大は田渕(4年・土佐塾)、坂口(1年・今治西)といった投手陣と、小田原(4年・南宇和)、渡部颯(1年・明徳義塾)を中心とした打線で1年生から4年生が一致団結して総力戦でこのリーグ戦を戦ってきた。
香川大も大森(2年・岡山城東)、平岡(1年・津名)の二本柱が投手陣の軸となり、大原(4年・高知追手前)、吾郷(2年・津山)などが打線を支え今リーグを戦い抜いてきた。
両大学とも背水の陣で挑む覚悟。崖っぷちで粘り強い試合して、一部に生き残るのは松山大か香川大か。勝利の女神はどちらに微笑むか!

◆Ⅰ部
5月11日(土)
10:00 松山大対香川大 伊予三島総合運動公園野球場・・・Live
13:00 松山大大対香川大 伊予三島総合運動公園野球場・・・Live
5月12日(日)
10:00 松山大対香川大 香美球場・・・Live