2019春入替戦松山大対徳島大第2試合結果

5月19日(日)

久万ノ台グラウンド

9時59分開始(試合時間2時間1分)

主管松山大学

観客数54

イニングスコア

松山大=001|000|300||4

徳島大=000|100|000||1

               

バッテリー

徳島大=大西-岡本

松山大=林、亀井、田渕-三好、乗松

二塁打=なし

三塁打=なし

本塁打=なし

暴投=なし

捕逸=なし

野選=なし

MVP=高田(松大)

VP=亀井(松大)、大西(徳大)

審判=(上田高、稲葉、弓立、上田幸)


記事=Ⅰ部昇格へあと1勝と勢いのある徳島大とⅠ部残留のために負けられない松山大の入れ替え戦第2回戦。徳島大は大西を松山大は林をマウンドへ送る。試合は3回表松山大の攻撃、1死1.3塁のチャンスで2番高橋が打席に入る。何としても先制点が欲しい松山大、4年生の意地で高橋がレフトへヒットを放ち高田が先制のホームを踏む。しかし4回裏徳島大の攻撃、ここまで好調だった林が制球に苦しむ。2四球とヒットで2死満塁とチャンスをものにしたい徳島大。7番吉田への死球による押し出しで試合は振り出しに戻る。7回表松山大の攻撃、渡部(颯)がヒットで出塁すると、その後2四球で2死満塁のチャンスを作る。1番高田のライト前ヒットとエラーで3点を勝ち越すことに成功する。5回以降徳島大打線は1年生ピッチャー亀井のテンポの良いピッチングで出塁2人のみと苦しい展開となった。入れ替え戦第2回戦は4対1と松山大に軍配が上がり、決着は第3回戦へともつれ込むこととなった。


MVPには勝ち越しのタイムリーを放った高田(松山大)が、VPには好リリーフを果たした亀井(松山大)と粘り強く完投した大西(徳島大)がそれぞれ選出された。
(報告者 松山大 檜垣)
BE8CC175-B034-432A-8D45-11B530D41276.jpegC9E5084D-CF39-4EF8-8D34-F6E5153B031F.jpegE08E4098-9556-4858-BC96-D24705109CE1.jpeg