2019四国インカレ準決勝戦 鳴教大対聖カ大

2019年6月23日(日)坊っちゃんスタジアム
12時23分開始(試合時間2時間13分)
主管鳴門教育大学
観客数45人
イニングスコア
鳴門教育大=500|000|000||5
聖カタリナ=000|000|100||1
バッテリー
鳴門教育大=竹村○、岡村-大野、安岡
聖カタリナ=●古川、山崎、藤井-清水
二塁打=なし
三塁打=今村(聖カ)
本塁打=なし
暴投=古川(聖カ)
捕逸=なし
野選=なし
審判=(伊井、上田、小林、杉長)

記事=
二部ながら初戦を勝ち抜いた鳴門教育大学と初出場ながら初戦を勝ち抜いた聖カタリナ大学。勢いにのっている両校の戦いとなったインカレ準決勝戦。鳴教大竹村、聖カ大古川の両先発。
初回から勢いに乗りたい鳴教は、二番田中がセンター前ヒットで出塁するとその後フォアボールとヒットが続き、6番横田がフォアボールを選び1点を先制する。先制点で勢いをつけた鳴教は、7番福本9番上田の新戦力の活躍で1回で5点を奪う。守備では鳴教先発の竹村が3回までに4奪三振の好投を見せる。もう1点も与えられない聖カ大は2回に山崎を投手として送り込む。2回、4番権藤に内野安打を許すも他打者を内野ゴロに抑え、テンポの良いピッチングでチームを活気づける。その後は、両校ヒットを許すもピッチャーをはじめとする守備が腕を光らせ一歩も譲らない展開となった。試合が動いたのは7回聖カ大の攻撃。先頭の今村がレフトオーバーのスリーベースヒットで出塁すると、続く5番島田の犠牲フライで1点を返す。勢いに乗りたい聖カ大であったが鳴教の守備に阻まれこれ以上の得点を重ねることはできなかった。最後は、鳴教大2番手の岡村が8回9回を三者凡退に抑え試合終了となった。2回からはお互い一歩も譲らない緊迫した展開となった準決勝。一部昇格を目指す二部二位鳴教大と来年度から新たに二部に加わる聖カ大のこれからの活躍に目が離せない。

MVPには7回1失点の好投をみせた竹村(鳴教大)が、VPには3打数2安打2打点の活躍をみせた上田が選出された(鳴教大)。


5FAE25D5-3EBA-45A7-AF35-BC3CF7231F35.jpeg
報告者=(鳴門教育大学吉田)