2019四国インカレ 総括

天候が心配される中、第70回四国地区総合体育大会【硬式野球】が2019年6月21日から23日に愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムにて開催され、無事全日程を消化した。終わってみれば、高知工科大学が随所で勝負強さを発揮し春リーグ優勝の勢いそのままにインカレも制覇した。また、今大会は1部リーグに所属する4大学が1回戦で姿を消し、ベスト4に2部リーグに所属する鳴門教育大学、徳島大学、公式戦初出場となる聖カタリナ大学が進出する等、波乱の大会となった。

優勝の高知工科大学は、新チームの主将なった國分(3年:大島)を中心に前チーム同様、破壊力抜群の打線で他大学投手陣から多くの得点をあげた。一方、4年生ダブルエースが不在となった投手陣は、大地(3年:松山北)、金本(2年:今治西)の両右腕を中心に要所を締めるピッチングを見せ相手チームに得点を与えなかった。決勝戦では鳴門教育大学を相手に9対0、7回コールドと投打がかみ合い本来の力を見せつけた。

準優勝の鳴門教育大学は、古野(2年:田辺)権藤(2年:東海大学仰星)の両選手を中心とした繋ぎの打線で何度もビッグイニングを演出した。投手陣は、エースの竹村(2年:長崎東)が力投を見せるとリリーフに上がった岡村(2年:岡山芳泉)も緩急自在のピッチングで相手打線に的を絞らせなかった。今春リーグ戦で2部リーグ2位と入れ替え戦への挑戦権を惜しくも逃した鳴門教育大学。今大会が秋リーグに向けての試金石となり、再び1部リーグでプレーするため、次は秋リーグでの2部優勝を目指す。

ベスト4に進出した徳島大学は、エースの河野(3年:池田)の登板はなかったものの金城(3年:首里)、大西(2年:城東)の両右腕が力投を見せた。準決勝の高知工科戦ではタイブレーク前までの9回までで2失点に押さえるなど、随所で守備からリズムを作った。打線は、今春2部首位打者の田上(3年:三田祥雲館)や好打者の竹野(3年:宮崎南)を中心に得点をあげた。秋リーグ2部では、徳島大学と鳴門教育大学の徳島ダービーが優勝争いを大きく左右しそうである。

公式戦初出場にして初勝利しベスト4に進出した聖カタリナ大学は、2試合ともにロングリリーフをした右横手の山﨑(1年:小松)が緩急を生かしたピッチングで相手打者を翻弄した。先発を担った藤井(1年:尾道商業)、古川(1年:上浮穴)もこれからの成長が楽しみな投手である。打線は、唯一の4年生古和田(4年:伊予)チーム公式戦初ヒットを放つと、1年生の今村(1年:小松)、中原(1年:北条)も力強いバッティングを見せた。今後は、新人戦を経て来春のリーグ戦より本格的にリーグ戦に参加する。初代主将の手嶋(1年:小松)を中心に近い将来、上位校を脅かす存在になるかもしれない。

秋のリーグ戦開幕まで残り2か月。秋の明治神宮大会へとつながる中四国大会への挑戦権を得るのはどこの大学なのか。2部で優勝し入れ替え戦の挑戦権を得るのはどこの大学なのか。混戦必至の四国地区大学野球。各大学がどれほど力をつけ、リーグでどのような試合を見せてくれるのか期待が膨らむ。


また四国地区大学野球連盟では、今大会より本格的に「一球速報」を導入し、リアルタイムでより多くの方に情報を発信できるような取り組みを開始しました。YouTubeでのライブ配信と共に一球速報でも四国地区の大学野球をお楽しみ下さい。(なおYouTubeのライブ配信、一球速報はともに四国地区大学野球連盟のホームページのリンクよりご覧いただけます。)