愛媛大学対U18チャイニーズ・タイペイ 国際親善試合 試合結果

7月28日(日)、マドンナスタジアム、
12時52分開始(試合時間3時間16分)
主管 愛媛大学 観客数 45人

イニングスコア
中華隊=202|000|201||7
愛媛大=000|112|000||4

バッテリー
中華隊=王彥程、李慶隆、○余謙、陳志杰-張聖豪、林辰勲
愛媛大=亀岡、勝田、●中村、黒羽、田中-浜本、宮本

二塁打=林瑞鈞、李灝宇、何恆佑(中華)、浜本(愛大)、
三塁打=李灝宇、何恆佑(中華)
本塁打=三宅(愛大)
暴投=余謙(中華)
捕逸=なし、
野選=なし、

審判(伊井、福住、高橋、小林)

記事=
U18チャイニーズ・タイペイ中華隊と愛媛大学との試合は1回表二死中華隊の攻撃から動いた。
 3番の左中間への二塁打と4番の左越の三塁打で打者2人であっさりと先制した。その後も四球が続き二死.一三塁とチャンスをつくった。そこで、重盗を仕掛け一塁走者が盗塁死するも、盗塁死の前に三塁走者が生還したので1点追加。中華隊は、幸先よく2点を先制した。
  3回表。先制打を放った中華隊の4番が、4点差とする二塁打を放ち愛媛大を突き放す。
 4回裏。反撃したい愛媛大は、先頭の3番三宅に本塁打が飛び出し1点を返す。続く打者も勢いに乗りたいところだが、相手の好守に阻まれ三者連続で打ち取られる。しかし5回裏に1点。6回裏に二死.満塁のチャンスを作り、代打拝志のショート内野安打の間に2点を追加し同点に追い付き試合は終盤の攻防に突入する。
 7回表。追いつかれた中華隊は、二死から5、6、7番の3連打で2点を追加し勝ち越しに成功。この裏、愛媛大は先頭の1番大前が四球で出塁しワイルドピッチ等で一死三塁のチャンスを作るもあと1本が出ず無得点に終わる。
 9回表。中華隊はダメ押しの犠飛で1点を追加し相手を突き放した。愛媛大は、最後の攻撃も相手投手に抑え込まれ得点を奪えず試合終了。
 中華隊対愛媛大の試合は7-4で中華隊が勝利し、春リーグ四国地区の1位、2位チームから2連勝とした。
08F1DFE3-0F01-46F6-B406-F8A58A60DF82.jpegC189CCF7-CFD2-4D6C-9E9B-97C034B12C96.jpegED2EB0FC-B539-46DC-B4D9-899B9BB259EA.jpeg
(報告者=愛大 永田)