松山大学対U18チャイニーズ・タイペイ 国際親善試合 試合結果

7月31日(水)  マドンナスタジアム
12時00分開始(試合時間2時間54分)
主管 松山大学 観客数 23人

イニングスコア
松山大=000|010|000||1
中華隊=900|500|00✕||14

バッテリー
松山大=●菊池、亀井、河野、坂口、東-乗松、田中
中華隊=○林子崴、李犬隆、林呉晋瑋、曽峻岳、林昱珉、潘文輝、陳志杰-林辰勲、羅喡捷

二塁打=山岡、田中、渡部(颯)(松大)、鄭宗哲、王順和(中華)
三塁打=王順和(中華)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=乗松(松大)
野選=なし

審判(小林、室野、上田、弓立)

記述=松山大学とU18チャイニーズ・タイペイ中華隊との試合は初回の攻防が流れを大きく動かした。
1回表、松山大学はいきなりトップバッター山岡のセンターの頭上を越える二塁打でチャンスを作るも、つづく二番大西の右直の当たりで、ランナーが飛び出し、ダブルプレーとなる。その裏、中華隊は1,2番がヒットでつなぐと、3番が右中間を破る2点適時打を放ち、先制する。その後も4番の右犠飛や9番の右線三塁打、失策など打者一巡の攻撃を見せ、初回に一挙9点を奪い、試合の主導権を握る。
さらに4回裏、中華隊は6,7番の連続ヒットで無死一、二塁とすると、8番の中前適時打と捕逸が絡み、2点を追加。その後も押し出し四球や失策などで、この回に5点を追加する。反撃したい松山大学は5回表、1番山岡が右前安打で塁に出ると、4番渡部颯の右越え適時二塁打で1点を返す。
その後は両投手陣が踏ん張り、ゼロ行進のまま試合は終了した。結果、14-1で中華隊の勝利となった。

4FA0E38B-4B58-43C4-81BD-018956B40F2E.jpeg
80A7D0C2-8A9B-40CA-9208-E117701B6295.jpeg
9555B245-A847-47A0-8451-CECFCB6C75F0.jpeg
(報告者=松山大 大坪)