2019秋1部 愛媛大対四学大 第2試合結果

8月24日(土)、坊っちゃんスタジアム
12時54分開始(試合時間2時間27分)
主管 愛媛大学 観客数 150 人

イニングスコア
愛媛大学=000|000|012|3
四学大学=000|000|100|1

バッテリー
愛媛大学=松本健、○勝田悠-宮本
四国学院大学=●加藤、山﨑-河野

二塁打=河野(四学)、守屋(愛大)
三塁打=なし
本塁打=小田(愛大)
暴投=なし
捕逸=なし
野選=山田倫(四学)

MVP=小田(愛大)
VP=田上(愛大)、加藤(四学)
審判( 稲葉、弓立、高橋、上田)

記事=昨日の勝利の勢いで勝ち点を狙う愛媛大学と明日へと繋げたい四国学院大学の1戦。愛大・松本健、四学・エース加藤の両先発で試合が始まった。
7回表までスコアボードに0が並ぶ白熱した投手戦となる。しかし、ラッキーセブンの7回裏に試合が動く。先頭の4番山田晃が、強烈なセンター返しで出塁すると、続く5番河野がライト線へのツーベースを放ち無死二三塁とする。6番水上がライトへのファールフライに倒れるも、7番山田倫がセンター前ヒットを打ち先制する。
続く8回表。すぐさま逆転したい愛大は、代打の8番宇田賀が初球をショートのエラーで出塁すると9番田上が送りバントで繋ぐ。1番大前がレフト前ヒットで一死一三塁のチャンスを作ると2番太田がセーフティスクイズで同点とする。
9回表一死から6番小田が高めのチェンジアップをレフトスタンドに叩き込む勝ち越しのホームランを打つと8番守屋がテキサスヒットで二塁まで進み9番田上が右中間へのタイムリーヒットを打ち3点目を獲得。
何がなんでも追いつきたい四学だが9回の攻撃は三者凡退となり試合終了。
MVPは、2試合連続の猛打賞で決勝ホームランを打った小田(愛大)。VPは、3打数2安打1打点の田上(愛大)と8回2/3を投げ11奪三振の加藤(四学)
愛媛大学 2勝0敗(通算 勝点1 2勝0敗)
(報告者=愛大 永田)
AF817D3D-A3BC-43EF-B8F4-0BA65B2591B0.jpeg72A37A2F-9F9A-45A5-BB38-343B66712088.jpeg73AED14B-FFEE-4340-A0EE-E1EE5DEA1B06.jpeg