2019年秋2部 香川高専対徳島医学 第2試合結果

825日(日)、みろくG

1234分開始(試合時間2時間38分)

主管香川高専観客数20


イニングスコア

香川高専=204|000|012|9

徳島医学=100|000|001|2


バッテリー

香川高専=○石坂、藤井-清谷吉田-藤井

徳島医学=●松崎、黒田、藤森-光宗


二塁打=谷澤(香専)、浜(香専)、西村(香専)


三塁打=なし


本塁打=なし


MVP=清谷(香専)


VP=元塚(香専)


審判=(永山)


記事=香川高専は初回、2番石坂が四球で出塁し、3番筒井が安打でチャンスを広げると、続く4番谷澤の適時打で2点を先制する。対する徳島医学はその裏、1番窪田が四球で出塁し、犠打などで三塁に進むと、相手投手の暴投の間に生還し、点差を1とする。突き放したい香川高専は3回、先頭の清谷が安打で出塁、その後、234番の連続安打で3点を追加すると、6番西村の適時打を含め、この回一挙4点挙げ、点差を5とする。その後は投手戦となるも、香川高専が逃げ切り、92で勝利した。

MVPには4打数3安打で攻撃の軸となった清谷(香専)が選出され、VPには元塚(香専)が選出された。


香川高専2勝0敗(通算2勝0敗)

(報告者=香専浜)