2019秋2部 新居浜高専対香川高専 第2試合結果

8月30日(土)三島球場
11時45分開始(試合時間1時間20分)
主管新居浜高専 観客数10人

イニングスコア
新高専=100|00||1
香高専=000|02x||2
(5回降雨コールド)

バッテリー
新高専=石村、後藤ー中川
香高専=平木、吉田ー畠中

二塁打=古川(新高専)
三塁打=谷澤(香高専)
本塁打=なし
暴投=平木①(香高専)、石村①(新高専)
捕逸=なし
野選=なし

MVP=谷澤
VP=平木(香高専)、石村(新高専)
審判(杉長、小寺、石川)

記事=小雨の降る中開始した第2試合。先攻の新居浜高専は1番十亀(新専)の四球からチャンスを作ると、平木(香専)の暴投などでチャンスを拡大。4番中川(新専)の三ゴロに三塁走者十亀(新専)が飛び出し三・本間で挟まれるも守備の乱れを誘い先制点を奪う。
その裏、香川高専の攻撃は4回まで先発石村(新専)を捉えられず無得点。
新居浜高専はチャンスは作るもあと一本が出ず追加点を奪えない状況が続く。
雨脚が次第に強くなってきた5回表の攻撃、2番古川(新専)の左中間への二塁打で出塁する後が続かず、追加点を奪えない。
その裏、先発石村(新専)に代わって後藤(新専)は雨により緩くなったマウンドに苦しみ制球を乱す。走者を溜めると2番谷澤(香専)は直球をはじき返し右適時三塁打を放ち1‐2と逆転。これが決勝点となり2戦とも香川高専の勝利となった。
MVPは決勝打を放った谷澤が選出された。

香川高専4勝0敗(通算4勝0敗)
(報告者 新高専 石村)