2019秋2部 香川高専対徳島大学 第2試合結果

97日(土)、みろく球場、

1340分開始(試合時間1時間20分)

主管香川高専観客数10 


イニングスコア

香川高専=100|00|1

徳島大学=001|28|11

回コールド) 


バッテリー

香川高専=●横田、吉田-藤井

徳島大学=○川崎-岡本


二塁打=田中、中矢(徳大)

三塁打=田上、京川(徳大)、

本塁打=福岡(徳大)

暴投=横田、吉田(香専)

捕逸=藤井(香専)

野選=なし


MVP=川崎(徳大)

VP=福岡(徳大)、筒井(香専)

審判(蔵本、永山、尾崎)


記事=香川高専は初回、2番大河が四球で出塁し、チャンスを作ると、5番筒井の適時打で1点を先制する。しかし、3回から徳大打線が香川高専の先発横田を捉え始め、続いて登板した2番手吉田も徳大打線を抑えきれず、徳島大学は3イニングで11得点を挙げた。徳島大学の先発川崎はテンポの良い投球で香専打線を押さえ込み、徳島大学が11-1で勝利した。

MVPには勝利投手となった川崎(徳大)が、VPには福岡(徳大)、筒井(香専)が選出された。


香川高専02敗(通算勝点12 42敗)

(報告者=香専浜)