2019秋1部 愛媛大対松山大 第1試合結果

9月9日(水)  坊っちゃんスタジアム
12時59分開始(試合時間2時間24分)
主管 松山大学 観客数 90人

イニングスコア
愛媛大=001|000|101||3
松山大=000|000|000||0

バッテリー
愛媛大=○亀岡、勝田(悠)-宮本
松山大=●大東、河野-田中

二塁打=宮本(愛大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=亀岡(愛大)
捕逸=田中(松大)
野選=なし
MVP=亀岡(愛大)
VP=村上(愛大)、古森(松大)
審判(室野、岡田、上田、早川)

記事=互いに通算2勝2敗勝ち点1と、優勝に向けて落とすことができない松山大学と愛媛大学の試合。炎天下の中、松山大は大東、愛媛大は亀岡の両先発で第1試合が始まる。
試合は3回表、愛媛大の攻撃。7番宮本の中前安打を火切りに一死一三塁のチャンスを作ると、1番大前がセンターへの犠飛を放ち、1点を先制する。
追いつきたい松山大は6回裏、一死から1番古森が中前安打で出塁すると、2番渡部壮が送りバントを決め、二死二塁とチャンスを広げる。しかし、3番山岡が二ゴロに倒れ、無得点となる。
すると愛媛大は7回表、この回からマウンドに上がった松山大2番手の河野から7番宮本、8番村上の連続ヒットで、二死二三塁とすると、9番田上が左前適時打を放ち、1点を追加する。
7回裏、松山大は4番渡部颯と7番代打宮谷が死球を受け、二死一三塁と再びチャンスを作るも、8番田中が遊ゴロに倒れる。
8回裏、松山大は9番小西の中前安打、1番古森の四球、2番渡部壮の右前安打で無死満塁と、この試合最大の山場を迎える。しかし、3番山岡が空振り三振、4番代打平川は併殺打に終わり、三たび得点を奪えない。
9回表、愛媛大は一死から7番宮本が中越え二塁打で出塁すると、8番村上が中前適時打を放ち、リードを広げる。
9回裏は愛媛大2番手の勝田がしっかり無失点に抑え、3-0で愛媛大が勝利した。
MVPには8回無失点の好投で勝ち投手となった亀岡(愛大)が、VPは9回に貴重なタイムリーを放った村上(愛大)と、3打数3安打の活躍を見せた古森(松大)が選出された。
愛媛大1勝0敗(通算 勝点1 3勝2敗)
(報告者=松山大 大坪)
CE86FFF7-BBD1-4975-8B7F-59C1D989270D.jpeg
6884DC0E-EC2B-462F-A226-37D65D4A9FE1.jpeg
9BBD1F69-C161-449B-973D-D281DD904109.jpeg