2019年度新人戦 総括

秋季リーグから1ヶ月。各大学が新戦力発掘を目指して行われた新人戦は、愛媛大が伝統の堅い守りと高い走塁力で三連覇を果たした。また、聖カタリナ大が準優勝を飾り、幕を閉じた。

新人戦三連覇を果たした愛媛大は、全ての試合において戦力の高さを見せつけた。
投手陣では、秋季リーグ戦でも登板した清水(2年:三鷹中等教育)、坂本(2年:佐原)、松本(2年:川之江)らが先発として試合を作り、その後も1回生投手らが安定した投球を見せエース亀岡(4年:松山東)、勝田(4年:津山)に継ぐ新たな戦力として今後の期待が高まる。
打撃陣では、今大会打率4割を超える三田(2年:大分農府)、打率3割の首藤(2年:今治西)を主力とした強烈な上位打線が流れを引き込み、1回での大量得点で他大学を全く寄せ付けず戦力の高さを見せつけた。

来春からリーグ戦へと参戦する聖カタリナ大は、初の新人戦で実力を見せつけ準優勝を手にした。
秋季リーグ1部優勝の四国学院大、古豪香川大を逆転で破り決勝に進出。どちらの試合も終盤に3点を奪う集中力を見せた。特に香川大戦ではサヨナラで試合を決め、粘り強さを見せた。
打撃陣では、今大会打率4割の樋渡(1年:松山聖陵)や香川大戦でサヨナラの適時二塁打を放った島田(1年:北条)の活躍が目立った。
投手陣を中心に守りに磨きがかかれば、リーグ戦の台風の目になることも十分に考えられるだろう。

3位を手にした高知工科大は、全ての選手に活躍の機会を与え、新戦力発掘を目指した。
投手陣では、秋季リーグ戦で抑えを任されていた萩森(2年:松山中央)が松山大戦、香川大戦で先発を務めた。制球に少し不安があったものの、試合を作り先発投手としての役割を果たした。また捕手の島内(1年:高知)が投手の持ち味を全面に出す配球をし、相手打者に的をしぼらせなかった。
打撃陣では、秋季リーグ戦中は怪我で離脱していた政門(2年:倉吉東)が流石の活躍を見せた。また、秋季リーグ戦で4番に座ることもあった田邉(2年:高知南)も勝負強さを見せ、勝利へと導く活躍をした。

秋季リーグで最下位となり2部への降格を味わった香川大は、4位の結果となった。
投手陣では、一回戦と決勝で先発を務めた岡谷(1年:創志学園)が、鳴門教育大戦では5回無失点、高知工科大戦では7回5安打と安定の投球を見せ、好感を残した。
打撃陣では、秋季リーグでも活躍を見せた三宅(1年:倉敷商)や、山本(2年:三木)が目立った。準決勝の聖カタリナ大戦では、チャンスで打線が繋がり大量得点できたが、一回戦、三位決定戦では安打は出るものの得点へと繋ぐことが出来ず、課題が残った。

新人戦にも期待がかかっていた秋季リーグ優勝校四国学院大は、初戦敗退に終わった。
投手陣では、聖カタリナ大戦で平見(2年:小豆島中央)が粘り強いピッチングを見せた。交流戦の鳴門教育大戦では、公式戦初登板である屋宜(2年:浦添商業)が先発で好印象を残した。今大会6投手全員が2回生であり、今後の活躍に期待が高まる。
攻撃陣でも、2回生が活躍した。聖カタリナ大戦では、兼島(2年:浦添工業)が2安打1得点、新原(2年:広島新庄)が1打点をあげ、活躍を見せた。鳴門教育大戦では、金谷(2年:宇和島南)が先制の適時打、手塚(2年:厳木)が3打点をあげる活躍を見せた。
初戦敗退となったものの、新戦力となる選手が数多く発掘できた大会となったことに違いない。

秋季リーグ2位の松山大は、1回生のみで新人戦に挑んだ。
投手陣は、秋季リーグで好リリーフを見せた亀井(1年:三本松)が、高知工科大戦で先発として粘りのピッチングを見せた。また、交流戦の徳島大戦では、大石(1年:広陵)が見事な好リリーフを見せた。
打撃陣では、秋季リーグ出場経験のある宮下(1年:藤井)が高知工科大戦で二塁打を放ち印象を残した。また、徳島大戦では、和田(1年:高知追手前)、国重(1年:豊浦)、杉本(1年:広陵)が適時打により得点するなど多くの選手が活躍。
投打ともに好印象ではあったが、守備の面では課題が多く見られた。

徳島大との接戦に敗れ秋季リーグ2部2位に終わった鳴門教育大は、今大会一勝もできない苦しい結果となった。
投手陣では、チームからの信頼が厚い川村(1年:川島)が香川大戦で5回を投げ3安打1失点3奪三振、また今大会リリーフとして2試合投げた竹村(2年:長崎東)が香川大戦で4回を投げ1安打3奪三振の好投を見せた。
打撃陣では、選球眼が良く1番として起用された上田(1年:徳島城南)が四球や安打で多く出塁、また、古野(2年:田辺)が好走塁を見せる活躍もあったが、得点に繋がることが少なく、勝利を掴むことができなかった。

秋季リーグで香川大との入替戦を制し、来春から1部リーグ参戦が決まった徳島大は、2試合1得点と悔しい結果となった。
投手陣では、交流戦の松山大戦で中継ぎとして登板した仁田(1年:倉敷天城)がピンチを守り抜くピッチングを見せた。
打撃陣は、今大会3打数2安打の古閑(2年:夢野台)や、秋季リーグから出場している丸田(1年:加古川東)が活躍した。
新チームとなり打線が繋がらず、得点を獲得することができず春季リーグまでの課題を残した。

見事三連覇を果たした愛媛大をはじめとする各大学の新戦力が見えた大会となった。春季リーグ戦に向け新戦力のさらなる成長に期待し、四国全体でのレベルアップに注目だ。この長い冬を越え、各大学が個々でもチームでもどのように力をつけ春季リーグ戦に挑むのか、そしてどの大学が優勝を掴み、全日本大学野球選手権大会への切符を手にするのか、注目だ。

(報告者=高工大 山中)