2020 秋1部 四学大対松山大 第1試合結果

9月21日(月)  高知東部球場
14時25分開始(試合時間2時間35分)
主管 松山大学 観客数 100人

イニングスコア
四学大学=000|000|000|01||1
松山大学=000|000|000|00||0
(11回延長)

バッテリー
四学大学=〇水上-河野
松山大学=大東、●河野-田中

二塁打=なし、
三塁打=なし、
本塁打=なし、
暴投=大東
捕逸=なし、
野選=なし、

MVP=水上(四大)
VP=山田倫(四大)、大東(松大)
審判(岩井、川江、森田、秋友)

記事=
ここまで、1勝1敗と優勝に向けて勝ちを落としたくない四国学院大と1勝3敗とこれ以上負けられない松山大。昨秋リーグ1位と2位であった両者の熱い戦いが始まった。

松山大先発は、4回生本格派右腕大東。対する四国学院大先発MAX150キロ越え右腕水上。四国学院大打線は、序盤から松山大:大東の直球を捉えて、安打を重ねるも、要所を抑えられ、得点をすることができなかった。

試合は、類に見ないほどの白熱した投手戦になり、タイブレークまでもつれ込んだ。

10回の表松山大は、これまで白熱した投手戦を繰り広げてきた大東に変え、変則左腕河野を投入した。この継投がはまり、四国学院大は、松山大:河野の巧みな投球術の前に得点することができず、勝負あったかと思われた。しかしその裏、先頭松山大:村上は、3ボールまで優位なカウントに持ち込んだが、初回から熱投を続ける四国学院大:水上の意地が勝り、間一髪で併殺打に打ち取られ、また後続も抑えられ、11回へと突入した。

11回表、四国学院大は先頭石川が、中安打を放つも、松山大:大西の好返球により、得点を阻まれた。続く四国学院大:4番山田晃は投ゴロに倒れるも、その間に走者は進塁し、2、3塁となった。ここで迎えるは、勝負師の山田倫。直球を詰まりながらも左安打を放ち、待望の得点をもぎ取った。

11回裏、反撃したい松山大。7番田中が犠打をするも、四国学院大:水上の好フィールディングにより進塁を阻まれ、この時水上は、投球数110球を超えるも球威は落ちることなく、続く打者を二者連続三振に抑え、最後まで松山大打線を寄せつけず、四国学院大が勝利した。

この試合のMVPは、11回まで松山大打線を無失点に抑え、実力を見せつけた水上。

VPは、5打数4安打1打点と決勝点を放った山田倫と、9回無失点と好投を見せた大東である。

松山大学 0勝1敗(通算1勝4敗)

941DB5A2-A52B-4428-A823-A9C5EE94F6BF.jpeg
462E7FBB-63EF-46A5-9FF4-AC8681526567.jpeg
B5634FCF-1C29-469A-877B-1428C3502D98.jpeg
(報告者=松大 荒巻)