2020 秋1部 松山大対四学大 第2試合結果

9月22日(火)  高知東部球場
10時25分開始(試合時間2時間20分)
主管 松山大学 観客数 95人

イニングスコア
松山大学=000|100|001||2
四学大学=000|141|00× ||6


バッテリー
松山大学=●菊池、河野、東-田中
四学大学=〇加藤、山城-河野

二塁打=宇座(四大)
三塁打=大西(松大)
本塁打=なし、
暴投=なし、
捕逸=なし、
野選=なし、

MVP=加藤(四大)
VP=山田倫(四大)、古森(松大)
審判(久武、大上、川江、石元)

記事=
2020年秋季リーグ、松山大対四学大の第2回戦は、昨日の試合、延長11回で白熱した投手戦を制し2勝1敗と勢いに乗る四国学院大と、ここまで1勝4敗と勝ちが遠ざかっている松山大の1戦であった。

四学大の先発は、4回生右腕加藤。対する松山大の先発は、昨秋リーグ最多勝2回生左腕菊池。両先発とも、順調な立ち上がりを見せた。
試合が動いたのは4回表、松山大1番大西が、初球の変化球を捉え、この打球が中堅手の頭上を越え、3塁打となり、3番古森の2塁ゴロの間に走者が生還し、松山大が先制点を挙げた。
しかしその裏、2死から四学大は、7番松本の気迫のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取ると、松山大の失策も絡み、9番知念の右適時打により、すぐさま追いついた。

5回の裏、四学大は2番宇座が右中間に二塁打を放ち、後続も2者連続四球を選び、無死満塁を作った。ここで迎えるのは昨日決勝点を放っている5番山田倫。2ストライクと追い込まれるも、しぶとく左適時打を放ち、1対2と勝ち越しに成功する。続く6番河野も中適時打を放ち、2点を追加し、先発の菊池をノックアウトさせた。松山大は2番手左腕の河野を投入するも、四学大8番下地に犠飛を許し、更に追加点を奪われ、1対5と苦しい展開となった。

なんとか追いつきたい松山大であったが、四学大先発加藤の鋭い変化球に対応できず、8回まで2安打と反撃の糸口を見つけることができなかった。

9回の裏、松山大は、四学大2番手山城を攻め、2死1、3塁から3番古森の中適時打で1点を返し意地を見せたが、後続が続かず、2対6で四学大が勝利をした。

四学大は2試合通して、被安打7と安打21と王者の実力を見せつけた。

MVPは、8回1失点被安打2と松山大打線を完璧に抑えた加藤。

VPは、昨日に続き勝ち越しタイムリーを放った四学大山田倫と、2打点の活躍を見せた松山大古森である。

松山大学0勝2敗(通算1勝5敗)

3A3FBEA2-C659-4C18-A33C-14FBA0A82839.jpeg
DF7A6E13-E409-45C2-9A5E-27F4C532E7DF.jpeg
11FE9EA0-53F8-42CF-A9CA-3410027D0FE0.jpeg
(報告者=松山大 荒巻)