2020秋1部 愛媛大対高工大 第2試合結果

9月22日(火)、高知東部球場、
13時29分開始(試合時間2時間17分)
主管 愛媛大学 観客数 80 人

イニングスコア
愛媛大学=001|000|001|2
高工大学=000|100|02X|3

バッテリー
愛媛大学=馬場、菊池、田嶋、黒羽、谷本、●多田-浜本
高工大学=○金本、萩森-門田


二塁打=なし、
三塁打=なし、
本塁打=杉本(高工)
暴投=金本(高工)
捕逸=なし、
野選=なし、

MVP=金本(高工)
VP=杉本(高工)、梶野(愛大)
審判( 西村、森田、小川、秋友)

記事=
令和2年度秋季リーグ戦、高工大対愛媛大の二回戦。昨日とは対照的な投手戦となった。
先にチャンスをつくったのは高工大。一回裏、二死から四球二つでランナーをためるが得点ならず。先制したのは愛媛大。三回表、先頭の7番浜本が四球を選ぶとワイルドピッチと8番山﨑の送りバントで一死三塁のチャンスをつくる。ここで9番梶野の中前適時打で1点を先制する。4回裏、愛媛大先発馬場はここで降板し、菊池がマウンドに上がる。良い立ち上がりを見せた菊池だが、二死から7番杉本に左本塁打を打たれ、同点となる。高工大先発金本は三回表に先制されたものの愛媛大打線を3安打で抑え好投をみせる。一方の愛媛大は投手6人でうまく継投し、昨日二桁安打の強力な高工大打線を抑える。試合が決まったのは8回裏高工大の攻撃。9番新宅1番杉野の連打で無死一、二塁のチャンスをつくる。2番岡本がバントを試みるもピッチャーフライとなってしまう。ランナーが飛び出していたため愛媛大投手多田が二塁に送球するが暴投となる。センターがカバーに入るも後逸し、ランナー2人が生還する。9回表、後がない愛媛大はこの回から登板している高工大投手萩森を攻める。9番梶野の内野安打と1番小田の四球で無死一、二塁のチャンスをつくる。2番𠮷中は送りバントをきっちりと決め、一死二、三塁となる。3番宮田の内野ゴロの間に1点を取り、なおも二死三塁で打者は代打守屋。しかし、見逃し三振で試合終了となった。結果は愛媛大2-3高工大で高工大の勝利。愛媛大は最終回あと一本が出ず、悔しい結果となった。
MVPは8回3安打1失点の好投を見せた金本(高工大)VPは同点本塁打を放った杉本(高工大)先制打を含む3打数3安打の活躍を見せた梶野(愛媛大)が選出された。

愛媛大学 0勝2敗(通算 1勝3敗)
1600764565233.jpg
1600764564124.jpg
1600764566168.jpg
(報告者=愛大  原田)