2020秋1部 愛媛大対四学大 第1試合結果

9月26日(土)、マドンナスタジアム、
9時58分開始(試合時間2時間40分)
主管 四国学院大学 観客数 100人

イニングスコア
愛媛大=000|430|000|7
四学大=231|300|00X|9

バッテリー 
愛媛大=●清水、田嶋、多田、黒羽、永山ー浜本
四学大=〇水上-河野

二塁打=川満、下地(四学)、宮田、藤田2、阿部(愛大)
三塁打=山田晃、下地(四学)、梶野(愛大)
本塁打=なし
暴投=清水、多田(愛大)
捕逸=なし
野選=なし

MVP=山田倫(四学)
VP=下地(四学)、藤田(愛大)
審判=(大西、上田、杉長、弓立)

記事=リーグ戦連覇へ向け負けられない戦いが続く四学大と現在3連敗と苦しんでいる愛媛大との1回戦。
試合は初回から動く。四学大は愛媛大先発清水を攻め込み1番2番が連続四球で出塁、送りバントで1死2.3塁とすると暴投と4番山田晃の犠飛で幸先よく2点を先制する。続く2回、四球と安打で無死1.2塁とチャンスを作ると8番下地の2点適時三塁打、さらに2番手田嶋から9番知念の適時内野安打で3点を追加し攻め立てる。3回には5番山田倫の犠飛、4回には1番川満の適時打、5番山田倫の2点適時打でさらに3点を追加する。
四学大先発水上は初回3者連続三振、3回まで1人も走者を出さない好投を見せるも4回、愛媛大は内野安打と相手のエラーでチャンスを作ると3番宮田の適時打と相手のエラーで4点を返す。さらに5回、2死から宮田の二塁打を放つと続く藤田、阿部の3連続二塁打で3点を返し2点差まで詰め寄る。反撃が続く愛媛大であったが四学大先発水上が意地を見せその後は走者を出すも要所を抑え9回完投。6回以降は両チーム投手陣が踏ん張るも四学大が僅差で逃げ切り3連勝。愛媛大は序盤の失点が響く結果となった。

MVPには3打点と勝負強さを見せた山田倫(四学大)が、VPには2安打2打点と打線を勢い付けた下地(四学大)と2本の二塁打を放った藤田(愛媛大)が選ばれた。

四国学院大学1勝0敗(通算4勝1敗)


1601105371934.jpg
line_562956577355064.jpg
line_562940392222098.jpg

(報告者=四学 髙木)