2020新人戦 松山大対鳴教大 1回戦第1試合結果

1回戦第1試合

117()、坊ちゃんスタジアム

858分開始(試合時間1時間44)

主管 松山大学 観客数 37 


イニングスコア

鳴教大=100|000|000|1

松山大=211|600|00X|10


バッテリー

鳴教大=高橋、星野、川村-横田 

松山大=茶山〇、渡部-阿部()


二塁打=西尾、岡辺(鳴大)、岸本、和泉、内山(松大)

三塁打=なし、

本塁打=なし、

暴投=なし、

捕逸=横田(鳴大)

野選=なし、


MVP=茶山(松大)

VP=渡部(松大)、岡辺(鳴大)

審判(吉田、上田、弓立、水嶋)


記事雨によりグラウンド状態が心配されたが、予定通り行われた鳴教大と松山大の試合。

1回表、鳴教大は松山大学の先発左腕、茶山を攻めたてる。2番上田が左安で出塁し、213塁とすると5番濱田が追い込まれながらも中適時打を放ち、1点を先制する。

しかし、松山大はすぐさま反撃にでる。先頭打者市川が遊内野安打で出塁すると、2番朝比奈が無死23塁とチャンスを作ると3番阿部颯稀が右犠飛で同点に追いついた。続く4番岸本の内野ゴロの間に3塁走者が生還し、1点を勝ち越した。

流れを引き寄せた松山大は2回には9番武田の右適時打、3回にも4番岸本の左適時2塁打で1点ずつ加えリードを3点に広げた。

反撃したい鳴教大であったが、茶山の前にチャンスを作りながらも無得点に終わった。

完全に試合の主導権を握った松山大は4回裏、押し出しを挟む3者連続適時打などで一挙6点を奪い、試合を決定づけた。

6回からは茶山からマウンドを引き継いだ渡部がストレート中心の強気な投球で鳴教大打線を封じ込め、7回コールド。101で松山大が勝利をおさめた。


松山大学11(通算11)


https://youtu.be/VFrZUsRt3bM



5857A7A8-0DAF-4B0E-B229-E30819B75AC7.jpeg

01A4656A-F342-4E9D-A1C8-86E90DCAFB06.jpeg



(報告者=松大 谷田)