2020新人戦 松山大対愛媛大 2回戦第2試合結果

2回戦第2試合
11月7日(土)、坊っちゃんスタジアム
14時14分開始(試合時間2時間18分)
主管 松山大学 観客数 60 人

イニングスコア
松山大=002|001|00|3
愛媛大=201|100|00|4
(大会規定により8回コールド)
バッテリー
松山大=●鈴木-阿部颯
愛媛大=○菊池、多田、永山-渡邊

二塁打=阿部旅②(愛大)、内山(松大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし

MVP=神谷(愛大)
VP=立岩(愛大)、鈴木(松大)
審判(小林、吉田、高市、亀井)

記事= 令和2年度新人戦2回戦。坊っちゃんスタジアムで行われた第3戦は、松山大と愛媛大の同県対決となった。
試合は、4連覇を狙う愛媛大の1回裏の攻撃から動く。二死から、3番清水が死球で出塁し、4番阿部旅がセカンドの捕球エラーで出塁する。5番神谷がフルカウントからセンター前に先制打を放ち、1.3塁のチャンスを作る。6番田原の打席の時に、ダブルスチールで3塁ランナー阿部旅が生還し初回に2点を先制する。
追いつきたい松山大は3回の表に反撃に出る。8番和泉・9番武田が四球を選び1番市川がピッチャーのエラーで出塁する。3番阿部颯の押し出し四球と4番岸本のショートゴロの間に得点し、試合を振り出しに戻す。
その裏に愛媛大は、二死から4番阿部旅が二塁打で出塁すると、先程先制打を放った5番神谷の左適時打で勝ち越しに成功する。次の回にも愛媛大が、7番渡邉の安打と8番杉野の犠打、2番立岩の適時打で得点を重ねる。
2点を返したい松山大は、6回表に無死から6番内山が二塁打で出塁すると、8番和泉が四球で繋ぐ。1番市川がセンターへの適時打を放つもあと一点が届かず、大会規定により8回コールドで愛媛大の勝利となった。
MVPは、先制打・勝ち越し打を放った神谷(愛大)。VPは、マルチ安打と1打点を挙げた立岩(愛大)と8回を投げ6奪三振の鈴木(松大)が選ばれた。

 愛媛大学 1勝0敗 (通算2勝0敗)

line_84435691461796.jpg
line_83806848602817-1236a.jpg
1604755240421.jpg

(報告者=愛媛大 永田)