2021年度春季リーグ戦 展望

コロナウイルスに打ち勝て!神宮への切符を掴み取れ! 


令和2年度は新型コロナウイルスの影響により思うように活動が出来ない中、何とか秋季リーグ戦は開催が出来、不完全燃焼ではあるものの大学生活最後の年になった4年生が最後に野球を楽しむ時間が出来たことをうれしく思うと共にたくさんのことに感謝する大会となった。新型コロナウイルスはまだまだ猛威をふるっているものの、感染対策をきちんとしたうえで令和3年度春季リーグ戦が開催されようとしている。

令和2年度秋季リーグ戦で華々しく1位に返り咲いた高知工科大学は、主戦力の抜けを埋め合わせる必要があるだろう。投手面では、昨秋最多勝右腕の萩森(4年:松山中央)や1年生ながら最優秀防御率で表彰された岡林(2年:高知追手前)が、攻撃面では、首位打者となった岡本(4年:豊浦)や足を使った攻撃もできる新宅(4年:広島新庄)などが勝利への道筋を築いてくれるだろう。

1位の高工大から1勝を奪ったものの勝数で惜しくも及ばなかった四国学院大学は、主戦で投げていた投手がいなくなったことからチームの勝利の方程式をどう作っていくかが大きなターニングポイントとなってくるだろう。攻撃面では、首位打者争いを繰り広げた石川(4年:英明)や巧打の山田倫(4年:四学大香川西)などが引っ張りチーム全体として成績のいい打撃を武器に1位奪還を狙うだろう。

勝利目前で勝利を掴みきれないという試合をたくさん強いられた高知大学は、チームを支える三本柱、松藤(4年:岡豊)と小林(3年:豊岡)、河邑(3年:土佐塾)の投球がチームを勝利に導くだろう。打撃面でも経験豊富な緒方(4年:広島国泰寺)、黒瀬(4年:高知小津)を中心とした新戦力の活躍にも期待したい。

破天荒な試合で観客を魅了したが不完全燃焼に終わった松山大学は、高打率の大西(3年:大手前高松)や、俊足を生かした古森(3年:小松)などの巧みな攻撃によって作り出されたチャンスを爆発的なものにすることが出来るかが大きな分岐点となるだろう。打たせて守る菊池(3年:宇和島東)と共にチームを勝利に導いていくこととなろう新人の発掘が勝利の鍵となりそうだ。

令和2年度秋季リーグ戦では4位タイと悔しい結果となった愛媛大学は、エース馬場(4年:浜松南)と昨年新人ながら結果を残した永山(2年:畝傍)の調整が愛媛大学優勝の鍵となり、それを支える、昨年高打率の梶野(3年:松山中央)、吉中(4年:広島城北)を中心とした粘り強くつながりのある打席が相手の脅威となるであろう。

2部リーグでは他の大学をひきつけない強さを見せ、入れ替え戦でも無敗で1部昇格を果たした聖カタリナ大学は、入れ替え戦時にチーム内で最多安打を放った手嶋(3年:聖カタリナ)など今まで戦ってきたことがないからこその不透明さが脅威となって現れるだろう。


全大学、新人戦で発掘した原石を磨いてどのように組み込んでくるのか、そちらにも注目が集まるだろう。