第1週見所〜2021春〜

とうとう四国にも春が訪れる。
選抜高等学校野球大会が世間を賑わす中、今週末から令和3年度春季四国六大学リーグ戦が始まる。冬を越えて各大学の選手達の成長が楽しみだ。

1つ目のカードは四学大と愛媛大。
四学大の投手陣は、強力だった2人の投手が卒業し、富田(4年:志度)、下里(4年:宮古総合実業)の2人が中心となって試合を作り、野手陣では石川(4年:英明)、山田(4年:四学大香川西)の左右の安打製造機が相手投手を打ち砕く。
対する愛媛大は馬場(4年:浜松南)、松本(4年:川之江)を中心に目先を変える継投で相手打者を翻弄する。打撃陣は小田(3年:岡山操山)吉中(4年:広島城北)を中心とした繋ぐ野球で一点をもぎ取り、堅い守りで接戦を勝ち抜く。

2つ目のカードは高知工大と聖カ大。
高工大は萩森(4年:松山中央)と岡林(2年:高知追手前)の2人が中心となってスコアボードに0を重ね、岡本(4年:豊浦)、新宅(4年:広島新庄)といった足も使える選手達が大量得点を狙う。
聖カ大はサブマリン山﨑(3年:小松)が相手打線を翻弄し、俊足曽我部(2年:新居浜商業)が守備を掻き回し、今村(3年:小松)、堀内(2年:伊予農業)といった長打力を兼ね備えた選手が勝利を掴む。

3つ目のカードは高知大と松山大。
高知大は松藤(4年:岡豊)、小林(3年:豊岡)、河邑(3年:土佐塾)の左腕トリオが打たせて取る投球でリズム良くアウトを積み重ね、黒瀬(4年:高知小津)、緒方(4年:広島国泰寺)といったクラッチヒッターが確実にチャンスをモノにする。
松山大は、安定感抜群の左腕菊池(3年:宇和島東)、ノビのある直球が魅力の東(3年:中村)が試合を作る。打線では古森(3年:小松)、大西(3年:大手前高松)といった足も使える選手が流れを作り、攻守の要田中(4年:防府商工)が確実に走者を生還させる。

◇I部
4月3日(土)
9:00 四学大対愛媛大 香美球場・・・Live
11:30 高工大対聖カ大 香美球場・・・Live
14:00 四学大対愛媛大 香美球場・・・Live
4月4日(日)
9:00 高工大対聖カ大 香美球場・・・Live
11:30 四学大対愛媛大 香美球場・・・Live(予備)
13:00 高知大対松山大 安芸市営球場
14:00 高工大対聖カ大 香美球場・・・Live(予備)
4月5日(月)
10:00 高知大対松山大 安芸市営球場・・・Live
13:00 高知大対松山大 安芸市営球場・・・Live(予備)

◇II部
4月3日(土)
10:00 新高専対鳴教大 川之江球場
13:00 新高専対鳴教大 川之江球場