2021春1部 松山大対高知大 第1試合結果

4月5日(月)、安芸市営球場
10時00分開始(試合時間2時間35分)
主管 高知大学 観客数40人

イニングスコア
松山大=000|010|042||7
高知大=000|100|100||2

バッテリー
松山大=〇菊池、舩田、坂口-田中、阿部
高知大=●西川、渡辺光、河邑-上田

二塁打=野地(高知大)
三塁打=大西(松山大)
本塁打=なし
暴投=西川(高知大)、菊池(松山大)
捕逸=なし
野選=なし

MVP=菊池(松山大)
VP=生宗(松山大)、野地(高知大)
審判=(大崎、亀井、森田、秋友)

記事=
4日雨天のため第1試合が中止になり、他4大学より開幕が遅れた松山大対高知大の試合。昨年秋季リーグの対戦では、1勝1敗と接戦だった組み合わせであり、今期は互いに2勝を獲得したいところである。
1回から3回にかけて両チームとも安打や犠打でチャンスを生み出すが、互いに点を許さず接戦が続いた。4回裏、高知大がこの展開を一転する。3番黒瀬が死球で出塁し、続く4番緒方の犠打により2塁まで出塁。その後、5番野地が右中間の二塁打を放ち高知大が1点先制する。5回表、松山大は先頭打者・6番田中が安打を放ちチャンスを切り開くと、盗塁成功や高知大の失策により1点を獲得し同点になる。7回裏、高知大が安打や犠打により2死3塁で得点のチャンスを掴むと、9番田村が内野安打を放ち1点追加する。8回表、先頭打者・8番内山がレフト前ヒットを打つと、その後続く打者の犠打や連続安打により、一気に4点を獲得する。9回表、高知大は渡辺光や河邑の交代で松山大の攻撃を阻止しようと試みるが、阻止できず2点を許す。また、高知大の攻撃は舩田や坂口の好投により阻止され、そのまま試合が終了した。

高知大学 0勝1敗(通算 0勝1敗勝点0)


S__46178363.jpg
S__46178365.jpg
S__46178366.jpg

(報告者=高知大 藤田)