展望〜2024春〜

今年もまた、四国地区大学野球に新たな春が訪れる。昨年の春は高知 工科大学、秋は松山大 学 が そ れ ぞ れ 頂 点 に 輝 い た 。 各 大 学 が 卒 業 生 を 送 り 出 し、 新 入 生 を 迎 え 顔 触 れ が 大 き く 変 わ る 春季リーグを制するのはどこの大学か。 昨季創立100周年という記念すべき年に完全優勝を果たした松山大学は松田 (4 年:高松商 業)、船田 (4年:宇和島東)左右のWエー スが率いる強力投手陣が健在。野手陣ではベスト ナ イ ン に も 輝 い た 岩 本 (4 年 : 九 州 国 際 大 付 )、 重 松 ( 4 年 : 松 山 聖 陵 ) ら 最 上 級 生 が 打 線 に 火をつけると、辻(3年:徳島北)、光森 (2 年:岡山東商業)ら下級生が盛り立てる。昨秋 の優勝メンバ ーが多く残 っているだけ に総合力の高さは随一 、さらに フレ ッシ ュなヒー ロー が 出てくれば2 季連続優勝がより現実的になってくる。

昨 季 は 優 勝 争 い の 末 、 惜 し く も 2 位 と な っ た 高 知 工 科 大 学。 主 将 ・ 天 野 ( 4 年 :広 陵 ) は 侍 ジャパン大学代表候補強化合宿にも選出され、大きなレベルアップを遂げた。投手陣では 三谷 ( 4 年 : 大 阪 府 立 池 田 ) が 軸 と な り 、 新 人 戦 で 好 投 を 見 せ た 横 尾 (2 年 :加 古 川 西 )、 飯 田 (2 年:広陵)ら若い投手陣が脇を固める。秋は惜しくも2 位となったが、優勝が手に届く位置に 常 に い る 高 知 工 科 大 学 。 優 勝 へ の ラ ス ト ピ ー ス に 誰 が 名 乗 り を 上げ る か に も 注 目 し た い 。 昨春の2 位からひとつ順位を下げる形となった愛媛大学。リーグ戦を経験し、1 点台の防街 率 を 記 録 し た 愛 甲 (3 年 : 西 条 ) 、 榎 本 (3 年 : 松 山 南 ) に 加 え 、 新 人 戦 で の 好 投 を 見 せ た 小 池 (3 年 : 焼 津 中 央 ) ら 3 年 生 投 手 陣 が ゲ ー ム を 作 る 。 野 手 陣 で は 最 多 打 点 ・ ベ ス ト ナ イ ン の タイトルを獲得した臼井(3 年:祇園北)らの力強いスイングが相手投手陣にプレッシャーを かけ る 。 投 打 と も に 上 位 2 大 学 に 引 け を 取 ら な い だ け に 、 し っ か り と 投 打 が 噛 み 合 え ば 優 勝 は 射程圏内。

昨 季は 4 位 と な り 、 浮 上 の き っ か け を 探 る 聖 カ タ リ ナ 大 学 。 春 に は 岩 川 (3 年 : 東 温 ) が 、 秋には高橋(2 年:西条)が最優秀防 率を獲得しており、さらには同窓の後輩でもある高橋 に負けず劣らず新人戦で好投を見せた今井 (3 年:西条)の活躍にも期待。野手陣では昨秋の リーグ戦を経験し活躍を見せた文野 (2 年:東温)、石川 (2 年:聖カタリナ学園)らに期待

昨季5 位に沈んだ四国学院大学。投手陣ではリーグ戦経験豊富な本格派右腕森 (4 年:明 桜)、リリーフ、先発両方を こなす河野 (4 年:鳴門)らがマウンドを守る。野手陣には主将 を務める田口 (4 年:鳴門)やベストナインを受賞した玉城 (4年 :KBC未来沖縄)、昨季全 試 合 で 扇 の 要 と し て 投 手陣 を リ ー ド し た 賀 谷 ( 4 年 : 広 島 新 庄 ) ら 個 々 の 力 に 秀 で て い る 経 験 豊富な選手がチームの浮上に尽力する。

今季から一部昇格する香川 大学は、昨秋二部で徳島大学との優勝決定戦を制し、入替戦で高 知大学に雪 を果たし、最短での一部復帰となった。エース深谷 (4年:倉敷天城)を筆頭に、 三好 (2年:三木)、滝井(3 年:藤枝東)が投手陣の柱となる。 二部ベストナインの多くを 受賞した昨秋の レギュラー陣が多くチームに残っており、能力はもちろん最短で一部に戻ると い う強い 意志から磨かれたハングリー精神で一部の舞台を戦い抜く。 王座を守り抜くか、新たな王者が生まれるか、すべての大学に優勝の可能性がある混戦 必至 の 春 季 リ ー グ が 幕 を 開 け る。