第2週目見所〜2024春~

第一週目からタイブレークにもつれ込むなど、白熱の試合が繰り広げられた新居浜の地から舞台を高知に移し、六大学の選手達が今週も火花を散らす。

1つ目のカードは高工大対四学大。
第一週目で唯一の勝ち点を獲得し、順調な滑り出しの高工大。
投手陣の中心は、冬を越え、投球術がさらに増した三谷(4年:大阪府立池田)と力強いストレートで押していく杉野(4年:北須磨)の4年生コンビが投手陣を引っ張る。さらにリーグ戦初登板を果たせた吉賀(1年:大手前高松)、去年より安定感の増した飯田(2年:広陵)など、豊富なブルペン陣が安定の投球でチームを勝利に導く。
野手陣では、頼れる主将天野(4年:広陵)、長打で打線に勢い付ける尾﨑(2年:土佐)の恐怖の1,2番が自慢の打撃で存在感のある原(3年:明豊)などの強力クリーンナップにつなぎ大量得点を狙う。
第一週では継投策と自慢の打撃で勝利し、勝ち点獲得へ第六週に望みを繋いだ四学大。
投手陣では、速いストレートと緩急で打ち取るエース森元(4年:明桜)が中心になる。また、2戦目で好投し、リーグ戦初勝利をあげた飛松(1年:東明館)など豊富な投手陣の継投にも注目だ。
野手陣では、去年ベストナインを獲得し、今年も4番でチームを支える中元(4年:宇部鴻城)を中心に一発のある玉城(4年:KBC学園未来沖縄)、永田(2年:帝京第五)、さらに大黒柱田口(4年:鳴門)などの強力打線で高工大投手陣を打ち崩す。

2つ目のカードは松山大対聖カ大。
2期連続優勝へ勝ち点を獲得し、勢い付けたい松山大。
投手陣は、絶対的エース松田(4年:高松商業)が経験豊富な投球で今週も勝利に導く。また、速いストレートで奪三振を量産する舩田(4年:宇和島東)、緩急で打者を翻弄する永井(3年:丹原)などが本来の投球をみせることができれば、勝ち点獲得も堅いだろう。
野手陣では、高いアベレージを残す岩本(4年:九州国際大付属)や足が速い好調重松(4年:松山聖陵)など上位打線からチャンスを作り、4番越智(4年:済美)などのクリーンナップで加点し、投手陣をもり立てる。
前週はタイブレークの末惜しくも敗れるも、打線が好調な聖カ大。今週こそは勝ち点を狙う。
投手陣は、ストレートが力強くなった岩川(3年:東温)、前週好投をみせた堀内(3年:伊予農業)、去年から救援でチームのピンチを救ってきた田中(2年:文徳)など、投手陣全員で松山大打線を封じ込める。
野手陣では、1年生から主戦で活躍する片岡(3年:必由館)、尾﨑(3年:聖カタリナ学園)、さらに俊足強打の田井野(3年:伊予農業)ら上位打線が今週も打線を活気づける。下位では、1年生の起用も目立った聖カ大。2週目は新戦力の活躍にも注目だ。

3つ目のカードは愛媛大対香川大。
劇的なサヨナラでリーグ戦1勝を手にし、勢いに乗る愛媛大。
投手陣は真っ直ぐが持ち味の愛甲(3年:西条)、タフな投球でチームを盛り上げる榎本(3年:松山南)が中心になる。さらに左腕の小池(3年:焼津中央)を加えた3人の継投で戦った第一週。誰が先発でどのタイミングで継投に入るのか、采配にも注目だ。
野手陣では、強打で足の速い臼井(3年:祇園北)、前週本塁打とサヨナラ打を放った貞吉(3年:祇園北)、さらに声でチームを盛り上げる精神的支柱の主将王子(4年:小野)などが中心となり、ベンチメンバー全員で勝利を目指す。
前週、あと一歩で勝利を逃した香川大。
投手陣は、140km/hを超えるストレートで相手を抑えるエース深谷(4年:倉敷天城)、二刀流の松井(4年:岡山城東)が中心となり、相手打線を抑える。
野手陣では、昨年、一部で3割のアベレージを残した伊藤(4年:土佐)、足の速い齋藤(4年:今治西)から出塁し、強打の今井(2年:大手前高松)、久貝(2年:岡山学芸館)にチャンスで回し、確実に点を取っていきたい。

第2週目もライブ配信、一球速報を行います。ぜひご覧ください。

Ⅰ部
【2週目】球場:東部球場
2024/4/13(土)
9:00 高工大対四学大•••Live
11:30 松山大対聖カ大•••Live
14:00 愛媛大対香川大•••Live

2024/4/14(日)
9:00 高工大対四学大•••Live
11:30 松山大対聖カ大•••Live
14:00 愛媛大対香川大•••Live

予備日
土日で勝ち点がつかない場合は6週目以降の予備日に実施する。

Ⅱ部
2024/4/13(土)
10:00 高知大対香高専 香美球場
13:00 高知大対香高専 香美球場
10:00 新高専対徳島大 宮窪石文化運動公園野球場
13:00 新高専対徳島大 宮窪石文化運動公園野球場
10:00 徳大医対鳴教大 鳴門教育大学グラウンド
13:00 徳大医対鳴教大 鳴門教育大学グラウンド