2024 春2部 新高専対徳島大 第1試合結果

5月12日(日)、穴吹高校グラウンド
9時56分試合開始(試合時間0時間55分)
主管 新居浜高専 観客数 10人前後

イニングスコア
新高専=000|00||0
徳島大=533|0x||11

バッテリー
新高専=●山本修 ー 矢川
徳島大=大杉、○松田 ー 伴

二塁打=なし
三塁打=大塚(徳大)、伴(徳大)、松岡(徳大)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=矢川(新高)
野選=なし

MVP=松田(徳大)
VP=松岡(徳大)、矢川(新高)
審判(村田、岡本、古田)

記事=春季リーグ第6週1試合目
1回裏徳島大の攻撃は1番大塚、2番瀬尾の連打を皮切りに四球を絡め1点を先制。なおも続く満塁のチャンスで、6番松岡の走者一掃の適時三塁打でさらに3点を加える。結果的にこの回に5点を先制。少しでも流れを取り戻したい新高専であったが、2回から登板の松田の前に打線が沈黙。徳島大はその後、2回、3回と安打を複数本集め3点ずつ得点し、着実に新高専を引き離していく。終わってみれば、徳島大は10安打11得点、対する新高専は5回の矢川の1安打のみと対照的な結果となり、5回コールドゲームで徳島大に軍配が上がった。

徳島大学 1勝0敗(通算5勝4敗)

ヒーローインタビューのURL

(MVP、VPの写真)
写真1.jpg

写真2.jpg

写真3.jpg

(報告者=新高 山本)