2017四国インカレ2日目 試合中止と順延日程について

2017年7月1日(土) 本日予定されておりました、オロナミンC球場にて行われるインカレの2日目 第2試合と第3試合の日程を雨天のため中止とさせていただきます。 第2試合 高工大 対 徳文大第3試合 愛媛大 対 香川大 なお、それに伴い試合開始時間が変更いたします。 第1試合 高知大 対 徳島大 12:00第4試合 松山大 対 鳴教大 14:30 両試合とも本日オロナミンC球場で行なわれる予定です。よろしくお願い致します。 (報告者=鳴教大 山口)

続きを読む

2017四国インカレ1日目 順延日程について

6月30日(金)に、雨天のため中止致しました、インカレ1日目の日程を明日、7月1日(土)に組み込むことに決定しました。それにより、大幅に試合時間等が変更になりましたのでお知らせ致します。会場:オロナミンC球場日時: 7月1日(土)  8:30〜         高知大学 対 徳島大学10:50〜   高知工科大学 対 徳島文理大学13:10〜         愛媛大学 対 香川大学15:30〜         松山大学 対 鳴門教育大学会場、日時は上記のとおりです。よろしくお願い致します。(報告者=鳴教大 山口)

続きを読む

2017四国インカレ1日目 試合中止について

2017年6月30日(金)本日予定されておりました、オロナミンC球場にて行われるインカレの1日目の日程を雨天のため中止とさせていただきます。第1試合 松山大 対 鳴教大第2試合 愛媛大 対 香川大なお、延期日程につきましては決定次第ご報告させていただきます。 (報告者:鳴教大 山口)

続きを読む

2017四国インカレ

四国地区大学総合体育大会・硬式野球の部 日程 2017年6月30日(金)~7月2日(日) 場所 オロナミンC球場(徳島県) 【組合せ】 【スケジュール】 6月30日(金) 12:00~1-1、14:30~1-2 7月01日(土) 09:00~2-1、11:30~2-2、14:00~2-3 7月02日(日) 09:00~3-1、11:30~3-2、14:30~3-3 *雨天の場合はスケジュールが変更になる場合があります。また3日で大会打ち切りとなります。 【試合法式】 ①試合は2時間30分制とし、2時間30分を越えた場合は新しいイニングに入らない。但し2時間30分経過して同点の場合は優劣が決するまで行い、優劣が決したイニング終了時に試合終了とする。(9回終了後は③を適用する。) ②コールドゲームは、5回10点差以上、7回7点差以上とする。 ③9回終了時に同点の場合は、10回より一死満塁からのタイブレークにより勝敗を決めるものとする。 ④決勝戦は時間制をとらず決着がつくまで延長戦を行うものとする。但し延長戦は17時00分を超えた時点で次イニングよりタイブレークを採用する。 【試合速報】 四国インカレの全試合、ライブ配信・イニング速報を行う予定をしています。

続きを読む

2016四国インカレ終了

 毎回、梅雨の不順な天候に悩まされる大会ではあるが、今年も天候に恵まれ、全日程終了することができた。殆どの大学が新体制で臨む初の公式戦。リーグ戦まで一か月余り、コンバートや新人の出場など、チームを形成していく中での試行錯誤が垣間見られる興味深い大会となった。その中で、春季リーグ上位の四大学が最終日まで残る順当な戦いの中で、春季に苦杯をなめた松山大が、バッテリー陣の踏ん張りの元、春季1位、2位の愛媛大、四国学院を撃破しての栄冠となった。  リーグ開幕までの期間で各大学ともに、一層の調整が進むであろうが、インカレの結果を見れば、秋季リーグは、各大学、混とんとした、しのぎを削る戦いになることは間違いないだろう。  このブログも7月中旬より、秋季リーグ開幕に向けて、情報発信を再開いたします。秋の熱い戦いへ熱い声援をお願いいたします。  

続きを読む

2016四国インカレ決勝戦松山大対四学大試合結果

決勝戦 7月3日(日) 春野総合運動公園野球場 開始 14:50(試合時間 01時間50分) 主管 四国学院 観客 95人 イニングスコア 松山大学=000|000|010|1 四国学院=000|000|000|0 バッテリー 松山大学=○玉木-安藤 四国学院=●土田、重村-森口 二塁打=なし 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=土田(四学) 捕逸=森口2(四学) 野選=なし 審判=(久武、秋友、大上、小松) 記事= 四国インカレ決勝戦は、コールドゲームで愛媛大を下した松山大と、高知大との接戦を勝ち抜いた四学大の私立カード。先発は玉木(松山)、土田(四学)の18番対決となり、試合終盤まで得点を許さない投手戦に。 松山大は2回と4回、四学大は1回と4回にそれぞれ三塁まで走者を進めるも決定打が出ない。 ゼロ更新が続くなか迎えた8回。7番岡本のレフト前安打と犠打・暴投で一死三塁とすると、9番西原のゴロの間に生還を許し、終盤にしてようやく松山大が1点リードの状態に。 四学大は3安打、松山大は4安打とどちらも打線が振るわず、そのまま静かに試合終了。西原のゴロが決勝点となり、松山大学が2年連続の四国インカレ優勝を決めた。 MVPには9回を完投し勝利投手となった玉木が、VPには得点をあげた西原(松山)と、敗戦投手ながら8回を投げ4安打1失点の土田(四学)がそれぞれ選ばれた。 上記の結果、松山大学が優勝し今年度の四国インカレが終了した。 (報告者=四学 猪野) 写真は両大学先発の玉木(松山)と、土田(四学…

続きを読む

2016四国インカレ準決勝高知大対四学大試合結果

準決勝第2試合 7月3日(日) 春野総合運動公園野球場 開始 11:35(試合時間 02時間34分) 主管 四国学院 観客 124人 イニングスコア 高知大学=010|001|000|2 四国学院=200|000|10×|3 バッテリー 高知大学=上ノ薗、●道原-松下 四国学院=岡上、藤岡、○矢野-古谷 二塁打=藤田、松下(高知)古谷(四学) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=古谷(四学) 野選=なし 審判=(川江、立野、武市、秋友) 記事= 四国インカレ3日目準決勝戦。 後攻の四学大は初回、先頭山城が安打で出塁し、犠打で送って一死2塁から桝田のレフト前で生還を狙うも、本塁タッチアウトとなる。が、次打者原もレフト前安打で桝田を二塁へと進め、昨日打のヒーローとなった古谷が再び適時打を放ち2点を先制。 対する高知大はその裏、藤田がライト前への安打で出塁し、2つの犠打と失策で好機を作ると、キャプテン田中のスクイズですぐさま得点を返し、点差は1点に。 以後得点へと結びつかないまま迎えた6回。再び藤田が四学大二番手の藤岡を捉え無死二塁とすると、次打者藪井がヒットで繋いで無死三塁。同点を免れたい四学大はライナー併殺でアウトカウントを稼ぐも、パスボールの間に生還を許し、試合は振り出しへ。 均衡を破ったのは四学大、四球と安打で一死1・3塁から失策の間に生還し1点をリードする。高知大は最終回に8番松下が左中間へ二塁打を放って得点圏まで進むも、あと一本が…

続きを読む