2019年度新人戦 総括

秋季リーグから1ヶ月。各大学が新戦力発掘を目指して行われた新人戦は、愛媛大が伝統の堅い守りと高い走塁力で三連覇を果たした。また、聖カタリナ大が準優勝を飾り、幕を閉じた。 新人戦三連覇を果たした愛媛大は、全ての試合において戦力の高さを見せつけた。投手陣では、秋季リーグ戦でも登板した清水(2年:三鷹中等教育)、坂本(2年:佐原)、松本(2年:川之江)らが先発として試合を作り、その後も1回生投手らが安定した投球を見せエース亀岡(4年:松山東)、勝田(4年:津山)に継ぐ新たな戦力として今後の期待が高まる。打撃陣では、今大会打率4割を超える三田(2年:大分農府)、打率3割の首藤(2年:今治西)を主力とした強烈な上位打線が流れを引き込み、1回での大量得点で他大学を全く寄せ付けず戦力の高さを見せつけた。 来春からリーグ戦へと参戦する聖カタリナ大は、初の新人戦で実力を見せつけ準優勝を手にした。秋季リーグ1部優勝の四国学院大、古豪香川大を逆転で破り決勝に進出。どちらの試合も終盤に3点を奪う集中力を見せた。特に香川大戦ではサヨナラで試合を決め、粘り強さを見せた。打撃陣では、今大会打率4割の樋渡(1年:松山聖陵)や香川大戦でサヨナラの適時二塁打を放った島田(1年:北条)の活躍が目立った。投手陣を中心に守りに磨きがかかれば、リーグ戦の台風の目になることも十分に考えられるだろう。 3位を手にした高知工科大は、全ての選手に活躍の機会を与え、新戦力発掘を目指した。投手陣では、秋季リーグ戦で抑えを任されていた萩森(2年:松…

続きを読む

2019新人戦結果

2019新人戦組み合わせ・見どころ 2019 新人戦試合結果 2019/11/16(土)1回戦 四国学院大学 2−5 聖カタリナ大学(川之江球場①)1回戦 愛媛大学 11−1 徳島大学(三島球場①)1回戦 香川大学 1−0 鳴門教育大学(川之江球場②)1回戦 松山大学 2−6 高知工科大学(三島球場②)準決勝 聖カタリナ大学 6−5 香川大学(川之江球場③)準決勝 愛媛大学 8−2 高知工科大学(三島球場③) 2019/11/17(日)決勝 聖カタリナ大学 1−8 愛媛大学(川之江球場①)三位決定戦 香川大学 1−2 高知工科大学(川之江球場②) 優勝 愛媛大学

続きを読む

2019新人戦 三位決定戦 高知工科大学対香川大学

11月17日(日)、浜公園川之江野球場13時04分開始(試合時間2時間20分)主管 高知工科大学 観客数 45人 イニングスコア高工大=000|000|110|2香川大=000|001|000|1 バッテリー高工大=萩森、伊與田、中嶋、◯玉井-島内香川大=●岡谷、平岡-山本 二塁打=原(高工)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし MVP=玉井(高工)VP=田邉(高工)、岡谷(香大)審判(学生審判) 記事=昨日の準決勝で惜しくも敗北した高工大と香川大の3位決定戦。どちらも1回戦の先発を務めた高工大・萩森と香川大・岡谷の両先発で試合が始まる。どちらも譲らぬピッチングでなかなか点を獲得することができない両大学。4回裏、5回表と両大学三塁まで走者を進めるも無得点に終わる。ここまでスコアボードには0が並び、5回が終了する。試合が動いたのは6回裏、香川大の攻撃。高工大の投手・萩森が二死から四球で走者を出し6番・白岩の右中間安打で二死一、三塁となる。7番・吾郷の打球が捕手の前に転がりアウトになるかと思いきや一塁手の捕球ミスによりセーフ。これにより香川大が1点先制する。点を取り返したい高工大は7回表、昨日の準決勝でも中越三塁打を放っている6番・原が左越二塁打を放ち、無死二塁となる。ニゴロの間に三塁へと進み、8番・島内の適時打により1点獲得。同点に並ぶ。追加点を取り勝利を収めたい両大学。2点目を獲得したのは8回表、高工大。この回から打席に立つ2番代打・西本、3番・清水、5番・田邉、3…

続きを読む

2019新人戦 決勝戦 愛媛大学対聖カタリナ大学

決勝戦11月17日(日)、浜公園川之江野球場、9時56分開始(試合時間2時間29分)主管 愛媛大学 観客数 80人 イニングスコア愛媛大学=001|004|3|8聖カ大学=000|001|0|1(大会規定により7 回コールド)  バッテリー愛媛大学=○松本健、多田-浜本聖カ大学=●山﨑、藤井、古川-清水 二塁打=なし三塁打=三田(愛大)、宮原(愛大)本塁打=なし暴投=山﨑(聖大)、古川(聖大)捕逸=なし野選=なし MVP=松本健(愛大)VP=三田(愛大)、なし(聖大)審判( 杉長、山下、石川、小林) 記事=新人戦3連覇を目指す愛媛大学と新人戦初出場初優勝を目指す聖カタリナ大学との試合。3回、愛媛大の攻撃。1番三田の犠飛で先制を決める。6回、愛媛大学の攻撃。4者連続四死球で愛媛大の選球眼の良さを見せつけ、7番田原右前安打、代打の8番首藤の押し出し死球、9番藤原の中前安打でこの回一挙4得点を挙げる。すぐさま追いつきたい聖カ大は、2番高市と4番島田の死球でチャンスを作ると、5番手嶋が左前安打で1点を返す。7回、愛媛大は、暴投と失策で3点を追加し8-1と大会規定の7回7点差に達する。聖カ大は試合を続けるためにも得点したいこの回。先頭打者の7番今村が左前安打で出塁するも、続く2人が空振り三振に倒れ二死一塁となってしまう。意地を見せたい1番樋渡の中前安打と2番高市の四球で二死満塁のチャンスを作るが3番中原の二ゴロで試合終了。MVPは、6回1失点の好投で試合を作った松本健が、VPは、2安打先制の犠…

続きを読む

2019新人戦 交流戦第2試合 徳島大対松山大

11月17日(日) 香美球場12時39分開始(試合時間1時間41分)主管松山大学観客数 30人 イニング徳島大=000|000|0||0松山大=500|010|1×||7× バッテリー徳島大=●吉田、仁田ー後藤松山大=高橋(謙)、○大石、坂口ー杉本二塁打=なし三塁打=なし本塁打=なし暴投=(徳)仁田捕逸=なし野選=なし MVP=大石(松山大)VP=谷田(松山大)、日向(徳島大)審判(学生審判) 記事=昨日、初戦で高知工科大に敗退した松山大と愛媛大に敗退した徳島大との交流戦。来シーズンに向け、少しでも弾みをつけたい両校は、技巧派右腕松山大・高橋と長身右腕徳島大・吉田によって幕を開ける。 初回、松山大・髙橋は、持ち前の打たせて取るピッチングでわずか8球で三者凡退で徳島大打線を退け、完璧な立ち上がりを見せる。一方、徳島大・吉田は、制球が定まらず、ランナーを溜めてしまい、松山大・5番和田に先制の2点タイムリーを浴びてしまう。その後も、松山大打線に捕まり、7番国重、8番杉本に連続タイムリーを浴び、一挙5点を失う立ち上がりとなってしまう。 早く追いついておきたい徳島大。2、3回と続けてランナーを出すものの、松山大・髙橋のコースを突くピッチングの前にバットを振らされ、チャンスを生かすことができない。 ここまで、安定したピッチングを見せてきた松山大・髙橋に代わり、技巧派左腕大石がマウンドに上がる。オープン戦で経験を重ねてきた松山大・大石が緩急をつけた投球で、6回まで打者12人に対し三者連続を含む5個…

続きを読む

2019新人戦 交流戦第1試合 四学大対鳴教大

10月17日(日) 香美球場9:53開始(試合時間2:09)主管 四国学院大学 観客数20人イニングスコア鳴教大=000|030|0|3四学大=103|020|×|6  (大会規定により7回コールド)バッテリー 四学大=○屋宜、田中、金川ー金谷鳴教大=●高橋、竹村ー柴田二塁打=洲鎌、大塚、手塚(四学大)・野原、柴田(鳴教大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=柴田(鳴教大)野選=上田(鳴教大)MVP=手塚(四学大)VP=屋宜(四学大)       野原(鳴教大)       審判=(学生審判)     出場機会の確保のために行われた交流戦第1試合は四国学院大学対鳴門教育大学。 公式戦初登板となった四学大、屋宜は初回を三者凡退に抑えるとその裏2アウトから3番洲鎌4番森上の連続ヒットでチャンスを作ると5番金谷がレフト前に先制タイムリーを放ち先制する。追加点が欲しい四学大は3回洲鎌のツーベースでチャンスをつくると2アウトから6番大塚のタイムリーツーベースなどで追加点をとると公式戦初スタメンでこの試合MVPとなった手塚がタイムリーツーベースで追加点をとった。 一方、追いつきたい鳴教大は先発屋宜の球を捉え始め、5回1アウトから8番清水がセンター前で出塁すると続く9番横田がチャンスを作りVPに選ばれた2番野原がタイムリーツーベースで2点を返すとこ4番古野がレフト前に1点を追加しこの回3点を返した。しかし、反撃もここまでで大会規定で7回コールドの6対3で四学大が勝利を収めた。              こ…

続きを読む

2019新人戦 準決勝第一試合 香川大学対聖カタリナ大学

準決勝第1試合11月16日(土) 浜公園川之江野球場14:33開始(試合時間2:40) 主管 香川大学 観客数30人 イニングスコア 香川大=000|040|010|5 聖カ大=000|003|003|6 バッテリー  香川大=中川、●谷藤-山本 聖カ大=藤井、山﨑、○古謝-樋渡、清水 二塁打=なし 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=山本(香川大) 野選=なし         審判=(山下、稲葉、弓立) 記事=明日の決勝進出をかけた令和元年度新人戦準決勝第1試合。 一回戦を勝ち抜いてきたのは、来年度一部再昇格を目指す香川大学と来年度二部からの昇格を目指す聖カタリナ大学。 今大会で勢いを上げてきている両大学のゲームは、激闘の末、終盤に大きな展開を見せることとなった。 4回、香川大の攻撃。先頭打者である6番白岩が左前安打を放ち、8番柳島9番三宅の四球出塁で一気に無死満塁、そこから1番青木の投ゴロ、2番山﨑の左前安打、4番山本の左前安打でこの回、4点の先制。序盤から聖カ大を大きく突き放していく。 6回、聖カ大の攻撃。4番島田の死球から5番手嶋のバントヒット、古謝の内野安打、8番清水の中前安打でこの回3点を入れる。香川大はこの回から、投手谷藤を起用したが、聖カ大の勢いに圧倒されていく。 8回、香川大の攻撃。9番三宅の中前安打で1点を追加し、四国地区大学野球連盟で戦ってきた意地を見せる。 9回、聖カ大の攻撃。まだ諦めまいとする聖カ大は、7番今村…

続きを読む