2019新人戦 交流戦第1試合 四学大対鳴教大

10月17日(日) 香美球場9:53開始(試合時間2:09)主管 四国学院大学 観客数20人イニングスコア鳴教大=000|030|0|3四学大=103|020|×|6  (大会規定により7回コールド)バッテリー 四学大=○屋宜、田中、金川ー金谷鳴教大=●高橋、竹村ー柴田二塁打=洲鎌、大塚、手塚(四学大)・野原、柴田(鳴教大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=柴田(鳴教大)野選=上田(鳴教大)MVP=手塚(四学大)VP=屋宜(四学大)       野原(鳴教大)       審判=(学生審判)     出場機会の確保のために行われた交流戦第1試合は四国学院大学対鳴門教育大学。 公式戦初登板となった四学大、屋宜は初回を三者凡退に抑えるとその裏2アウトから3番洲鎌4番森上の連続ヒットでチャンスを作ると5番金谷がレフト前に先制タイムリーを放ち先制する。追加点が欲しい四学大は3回洲鎌のツーベースでチャンスをつくると2アウトから6番大塚のタイムリーツーベースなどで追加点をとると公式戦初スタメンでこの試合MVPとなった手塚がタイムリーツーベースで追加点をとった。 一方、追いつきたい鳴教大は先発屋宜の球を捉え始め、5回1アウトから8番清水がセンター前で出塁すると続く9番横田がチャンスを作りVPに選ばれた2番野原がタイムリーツーベースで2点を返すとこ4番古野がレフト前に1点を追加しこの回3点を返した。しかし、反撃もここまでで大会規定で7回コールドの6対3で四学大が勝利を収めた。              こ…

続きを読む

2019新人戦 準決勝第一試合 香川大学対聖カタリナ大学

準決勝第1試合11月16日(土) 浜公園川之江野球場14:33開始(試合時間2:40) 主管 香川大学 観客数30人 イニングスコア 香川大=000|040|010|5 聖カ大=000|003|003|6 バッテリー  香川大=中川、●谷藤-山本 聖カ大=藤井、山﨑、○古謝-樋渡、清水 二塁打=なし 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=山本(香川大) 野選=なし         審判=(山下、稲葉、弓立) 記事=明日の決勝進出をかけた令和元年度新人戦準決勝第1試合。 一回戦を勝ち抜いてきたのは、来年度一部再昇格を目指す香川大学と来年度二部からの昇格を目指す聖カタリナ大学。 今大会で勢いを上げてきている両大学のゲームは、激闘の末、終盤に大きな展開を見せることとなった。 4回、香川大の攻撃。先頭打者である6番白岩が左前安打を放ち、8番柳島9番三宅の四球出塁で一気に無死満塁、そこから1番青木の投ゴロ、2番山﨑の左前安打、4番山本の左前安打でこの回、4点の先制。序盤から聖カ大を大きく突き放していく。 6回、聖カ大の攻撃。4番島田の死球から5番手嶋のバントヒット、古謝の内野安打、8番清水の中前安打でこの回3点を入れる。香川大はこの回から、投手谷藤を起用したが、聖カ大の勢いに圧倒されていく。 8回、香川大の攻撃。9番三宅の中前安打で1点を追加し、四国地区大学野球連盟で戦ってきた意地を見せる。 9回、聖カ大の攻撃。まだ諦めまいとする聖カ大は、7番今村…

続きを読む

2019新人戦一回戦 聖カタリナ大学対四国学院大学

一回戦第1試合10月26日(土) 浜公園川之江野球場 8:59開始(試合時間2:27) 主管 四国学院大学 観客数50人 イニングスコア 聖カ大=001|000|13|5 四学大=000|200|00|2 バッテリー  聖カ大=古川、藤井、○山﨑ー清水 四学大=平見、●藤原、下里ー兼島 二塁打=新原(四学大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=古川(聖カ大) 捕逸=清水(聖カ大) 野選=なし 審判=(弓立、山下、稲葉) 記事=心地よい風が吹き、綺麗な秋晴れで迎えた令和元年度新人戦。 川之江野球場で行われた第1試合は、秋季リーグ制覇を果たした四国学院大学と、今年度6月に加盟したまだ初々しさを残す聖カタリナ大学のカード。 ゲームは、徐々に展開しながらも後半に一気に急転直下な結末を迎える。 3回、聖カ大の攻撃。2番高市の中前安打で1点を先制する。 4回、四学大の攻撃。聖カ大に追いつきたい四学大は、7番三好が四球で出塁をし、8番兼島の右前安打、9番新原の左中間安打で2点を入れる。 しかし、8回、聖カ大の攻撃。7回に相手の失策により1点を追加して同点の状態から、7番古謝の中前安打、8番清水の内野安打、9番矢野の右前安打、1番樋渡の右中間安打、2番高市の中前安打でこの回、3点を追加し、聖カ大の勝利に終わった。 MVPには得意な職人技を見せた高市(聖カ大)、VPには粘り強いピッチングを見せた古川(聖カ大)と平見(四学大)が選ばれた。 (報告者=聖カ…

続きを読む

2019新人戦 一回戦 香川大学対鳴門教育大学

11月16日(土) 浜公園川之江野球場12時07分開始(試合時間2時間2分)主管 香川大学 観客数 30 人 イニングスコア香川大=100|000|000|1鳴教大=000|000|000|0 バッテリー香川大=〇岡谷、佐武ー山本鳴教大=●川村、竹村-柴田、大野 二塁打=青木(香大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし MVP=岡谷(香大)VP=山本(香大)、竹村(鳴大)審判( 稲葉、弓立、山下) 記事=秋季リーグ戦で最下位となり、入替戦で2部降格となってしまった香川大と、2部の優勝争いに惜しくも敗れた鳴教大がぶつかった第1回戦。 香川大の先発は、多様な球種と投球フォームで打者を翻弄する1年生投手岡谷。対する鳴教大の先発は、秋季リーグ戦で3勝を挙げた1年生投手川村。新人戦らしく1年生同士の戦いとなった。 試合は1回から動く。1回表、香川大は1番青木が試合開始直後から右への二塁打を放つ。鳴教大の失策によりさらに塁を進め、1死一三塁とすると、4番山本の左へのタイムリーで1番青木が生還し、香川大が先制。対する鳴教大は、1回裏、3番古野が右安打を放ち、盗塁を成功させるも後に続けない。香川大の先発岡谷が、3塁を踏ませない好投をみせ、鳴教大を苦しめる。3回表、香川大は2番山﨑が内野安打で出塁すると、鳴教大の失策と四球でランナーを溜め、一死満塁とするが、惜しくも返すことができない。 互いに3塁を踏ませない均衡した試合が続く中、6回から両チームは投手交代し、香川大は最近波に乗って…

続きを読む

2019新人戦 準決勝第2試合 愛媛大学対高知工科大学

準決勝第2試合11月16日(土)、伊予三島運動公園野球場、14時9分開始(試合時間2時間20分)選手負傷による試合中断(5分間)を除く主管 高知工科大学 観客数 60 人 イニングスコア愛媛大=020|023|010|8高工大=011|000|000|2 バッテリー愛媛大学=坂本、○黒羽、柳川-浜本高工大学=伊興田、●稲井、米川、岩脇、井原、玉井-長谷川 二塁打=眞田、吉中(愛大)、阿部(工大)、三塁打=原(工大)本塁打=なし暴投=なし捕逸=長谷川(工大)野選=なし MVP=黒羽(愛大)VP=眞田(愛大)、玉井(工大)審判(小林、丸児、高橋) 記事=決勝に駒を進めるのはどちらになるのか。準決勝第2試合愛媛大と高工大の試合。2回表に愛媛大の5番印藤が出塁し、6番浜本が送りバントをきっちり決め、印藤が三盗を成功させ、8番角がフォアボールで出塁し二死一、三塁のチャンスを作る。この試合MVPに選出された眞田がレフト線へのタイムリーツーベースヒットを放ち2点を先制する。直後の2回裏に高工大の先頭バッターの4番長谷川がレフト前ヒットを放つも、続く5,6番が倒れ二死一塁となるが、7番西本と8番岡崎の連続レフト前ヒットで1点を返す。3回裏に高工大の1番原が右中間へのスリーベースヒットを放つと、3番阿部のセカンドゴロの間に三塁ランナーが生還し同点とする。5回表に愛媛大の8番角がエラーで出塁し、9番眞田がバントを初球で決めランナーを得点圏に進める。2番吉中が勝ち越しツーベースヒットを放ち、続く3番宇田賀が初…

続きを読む

2019新人戦 一回戦 徳島大学対愛媛大学

1回戦第3試合11月16日(土)、伊予三島運動公園野球場、8時55分開始(試合時間1時間22分)主管 愛媛大学 観客数 30 人 イニングスコア徳島大=000|10||1愛媛大=209|0X||11(5回コールド) バッテリー徳島大=●大西、吉田-後藤愛媛大=○清水-浜本 二塁打=なし三塁打=首藤(愛大)本塁打=吉牟田(愛大)暴投=大西2(徳大)捕逸=後藤2(徳大)野選=なし MVP=吉牟田(愛大)VP=清水(愛大)、古閑(徳大)審判( 高橋、小林)2審制 記事=1部リーグに上がって初の公式戦を勝利で飾りたい徳島大と新人戦3連覇を目指す愛媛大の試合。1回裏、愛媛大は1番三田がセンター前ヒットで出塁すると盗塁し、無死二塁のチャンスを作る。続く2番吉中もデッドボールで出塁し、パスボールで無死一塁で二、三塁とする。3番首藤と4番勝田の犠牲フライで2点を先制する。愛媛大先発の清水は安打を許すも3回を打者9人で抑える快投を魅せる。3回裏に、二死一、三塁の場面で6番吉牟田が初球をレフトスタンドに叩き込むスリーランホームランを放つ。さらに7番浜本のセンター前ヒットと盗塁、8番宮原のフォアボールで二死一、二塁を作る。9番神谷の打席時にキャッチャーの一塁牽制で一塁ランナー宮原が挟まれている間に二塁ランナーの浜本が三塁を陥れ、そのまま本塁へ突入を試みる。ピッチャーの送球をキャッチャーが弾き無事生還し1点を追加する。その後も3番首藤のスリーベースヒット等の安打を重ね一挙9得点とする。直後の4回表に徳島大の1番…

続きを読む

2019新人戦 一回戦 松山大学対高知工科大学

11月16日(土)  伊予三島運動公園野球場11時1分開始(試合時間2時間24分)主管松山大学観客数 100人 イニングスコア高工大=020|001|021||6松山大=010|000|010||2 バッテリー高工大=○萩森、中嶋、中北ー島内松山大=●亀井、亀岡、東ー乗松二塁打=宮下(松大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=亀井(松大) MVP=政門(高工大)VP=萩森(高工大)、亀井(松山大)審判(小林、高橋、丸児) 記事=両チーム、秋季リーグで守護神を務めた投手が先発として臨む一回戦屈指の好カードとなった。 松山大の先発、亀井は初回、ランナーを出すも得意の直球で無失点に抑える。高工大、萩森も三者凡退と、お互い上々の立ち上がりでゲームを作る。  二回表、高工大はヒット、四球などで満塁のチャンスを作る。しかし亀井もキレのあるピッチングで二者連続で三振に取り、流れを渡さない。 そして、迎えた九番政門との対決。やはり高工大の遊撃手レギュラーとしての勝負強さが光った。軍配は政門に上がり、低めの球威のある直球をしぶとくセンター前に転がし、高工大が二点を奪う。早い段階で追いついておきたい松山大はその裏、五番宮下が変化球を泳ぎながらも左線二塁打でチャンスを作り、七番生宗が140キロ近くの直球をセンターに弾き返し、離されまいと食らいつく。 三回以降は、両投手ランナーを出しながらも切り抜け、スコアボードに0を並べていく。 再び試合が動き出したのは、六…

続きを読む