リーグ総括〜2013春

 四国学院が、雪辱を果たした春季リーグ。第三週には無敗の大学がなくなるとという近年稀に見るデッドヒートとなり、最後まで死力を尽くしたリーグであった。が、最後は地力の違いを見せた四国学院が勝ち切り、勝点5での完全優勝となった。
 四国学院はリーグ中盤まで、投打が噛み合わず、愛大・高大にそれぞれ一敗することとなり、リーグ戦は混戦となった。しかし、この二敗後、背水の陣となってから大きく変貌を遂げた。第三週の高知大との第二試合、二番手投手陣の丁寧な投球で逃げ切り勝利となってからは打撃陣が覚醒し、一気に本来の力を取り戻した。この試合を境に、福冨新体制による「ニュー四国学院」の本領発揮となり、7連勝で覇権を取り戻すこととなった。この覇権奪還の原動力は、細田、河野、児玉を中心とした二番手投手陣の奮起にある。それぞれの特徴を遺憾なく発揮し、ゲームを作り、大黒柱の高野に負けず劣らずの働きを見せた。また攻撃陣も空田・福山らの上位陣による豪打・長打での得点に加え、下位打線も進塁打・単打を取り混ぜ、しぶとく点を取りにいく多彩な攻撃を見せ、劣勢もひっくり返す懐の深さを見せた。6月に始まる全日本選手権では、四国にはない強豪との対戦となり、厳しい戦いは必至である。昨秋から進化を遂げた四国学院大学がリーグで見せた力を持って、全国の猛者へ挑戦してもらいたい。
 連続の二位となった高知大。井筒・美島が本調子でない中、平野・柴田らの中継陣が試合を作り、奮闘した。攻撃陣も長打が見込めない中、上位下位ともに機動力を発揮し逆転劇を演じるなど、身上の「粘り」を見せ、全大学から勝利を上げている。ただ、第三週、四学の底力を止められず連敗を喫したことが最後まで響くこととなった。三位の愛媛大。宇野、吉田、寺内ら経験の浅い投手が台頭し、失点の計算ができるディフェンスへと成長し、リーグ中盤からは接戦に強い愛媛大へと大きく前進した。松大を撃破、四学に一勝と、その進化をいかんなく発揮し、混戦のリーグ戦の立役者となった。昨秋覇者の松山大は順調な滑り出しであったが中盤の愛大戦から、大きく歯車を狂わせ、リーグ前半と後半では大きく明暗を分ける結果となり、悔いの残るリーグとなった。坂本・妹尾・田中らの上位陣を中心に、打線で勝負し一点をもぎ取っていくしぶとい攻撃陣は健在であったが、ディフェンスの面で昨秋の力を超えることができなかった。松本、西岡・赤松ら投手陣総動員での必死の継投のリーグ戦であったが、その不安定さが試合巧者の戦いぶりを狂わせてしまった。香川大は、苦しい戦いが続いたが、昨秋同様、鳴教戦で勝点を上げ五位に滑り込んだ。多くの試合で試合中盤までは接戦を展開しており、投手陣を含めたディフェンス陣の整備が進めば、上位に食い込む潜在能力は持つ。連続の最下位となった鳴門教育大。慢性的な部員不足の中、全選手全力のプレーを続けるリーグとなった。リーグ後半は上位大学とタイブレークに持ち込むなど、ディフェンス陣の安定と勝負強さが光り、鳴教大らしさが随所に発揮されたが、勝ち切れず最下位に沈む結果となった。
 二部は、高知工科大が打線の爆発もあり、7連勝で一気に優勝を手繰り寄せ、入替戦に出場することとなった。しかし、入替戦はその自慢の打線が鳴教大投手陣に封じ込まれ、二連敗となり、一部昇格の夢は持ち越されることとなった。
 今春より導入されたタイブレーク。まさかの6試合がタイブレークで決着を見ることとなった。審判部の的確な指導・対応で適切に運営され、混戦のリーグ戦により一層の緊迫感を与えるものとなった。

今春のリーグ戦期間中の4月14日に、当連盟の副理事長であり、愛媛大学硬式野球部総監督の野本壮一さまが逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。生前のご功績を偲び、ご冥福をお祈りいたします。

PICT0149.JPG



posted by 四国六大学 at 06:00 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春入替戦鳴教大対高工大第2試合結果


5月18日(土) 鳴門教育大学グラウンド 12:57開始
主管 鳴門教育 観衆 50人
イニングスコア
7回コールド
鳴門教育=043|100|2|10
高知工科=000|110|0|2

バッテリー
鳴門教育=○安川−矢島
高知工科=●石川、津吉−岡崎
二塁打=なし
三塁打=秋津(鳴教)
本塁打=なし
暴投=石川(高工)
捕逸=なし
野選=なし
MVP=田口(鳴教)
VP=眞木(鳴教)、南(高工)
審判=球審-木下、一塁審-筒井、二塁審-尾崎、三塁審-松下
記事=鳴教大は2回、小林晴の中前安打、河野の四球で無死一二塁とすると、小林将の犠打の悪送球の間に2点を先制する。さらに田口、秋津のタイムリーで2点を追加する。鳴教大この後も得点を重ねコールド勝ちを決めた。高知工科はエラーが目立ち、先発石川を援護できなかった。
(報告者=鳴教 馬居)
1368895087986.jpg
posted by 四国六大学 at 01:54 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春入替戦鳴教大対高工大第1試合結果


5月18日(土) 鳴門教育大学グラウンド 10:02開始
主管 鳴門教育 観衆 40人
イニングスコア
高知工科=000|000|000|0
鳴門教育=200|002|02X|6

バッテリー
高知工科=●奥浦−松原
鳴門教育=○村上−矢島
二塁打=なし
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=矢島(鳴教)
野選=なし
MVP=村上(鳴教)
VP=奥浦(高工)太田(鳴教)
審判=球審-松下、一塁審-尾崎、二塁審-木下、三塁審-筒井
記事=初回表、鳴教大は秋津の左前安打、米澤の犠打で一死二塁とすると、3番太田の右前安打で先制する。さらに二死二塁から河野の右前安打で2点目を入れる。鳴教大先発の村上は高知工科打線を2安打無失点に抑える好投。6回の小林将のツーランスクイズ、8回の高知工科のエラーで4点を追加し、試合を決めた。
(報告者=鳴教 馬居)
1368895082794.jpg
posted by 四国六大学 at 01:00 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第七週見所〜2013春

最後の最後まで熾烈を極めたリーグ戦(レギュラーシーズン)は全て終了し、四国学院が勝点5の完全優勝で覇権奪還となり、全日本選手権の出場権を獲得した。残るは、ポストシーズン=意地とプライドを欠けた「緊迫の入替戦」となる。
 入替戦は、一部6位の鳴門教育大と二部1位の高知工科大との対戦となる。鳴門教育大は、勝ち星に恵まれなかったが、リーグ戦を経る毎に投手陣・守備陣ともに安定し、際どいゲームを展開してきており、ディフェンスは確立している。打線は長打は見込めないものの、上位打線は粘り強く勝負強さが出てきている。一方の高知工科大は、長打力のある打線が好調で7連勝で二部優勝を勝ち取った。その影に隠れてはいるが、投手陣も安定しており、攻守ともに戦力は充実しており、初の一部昇格を虎視眈々と狙っている。両大学ともにリーグ戦ではタイブレークを経験するなど粘りを発揮しており、ゲームセットまで息詰まる展開が予想されるなか、鳴教ディフェンス陣が好調の高知工科大打線をいかに食い止めるかが勝負の分かれ目となるであろう。

【入替戦日程】
対戦 鳴門教育大学(T部6位)vs高知工科大学(U部1位)
会場 鳴門教育大学グラウンド
日程
 第1試合 5月18日(土)10:00〜
 第2試合 5月18日(土)13:00〜
 予備日 5月19日(日)
その他
 鳴教大のマネージャーの協力で試合速報は対応致します。
 Live配信は管理人の都合で対応できません。ご了承ください。
PICT0146.JPG

posted by 四国六大学 at 08:15 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春1部愛媛大対四学大第3試合結果

5月11日(土)、観音寺総合運動公園、13:01開始(試合時間2時間26分)
主管 四国学院 観客数 50人
イニングスコア
愛媛大学=000|000|200|2
四国学院=010|012|00×|4
バッテリー
愛媛大学=●寺内、宇野-川原
四国学院=○高野、河野、児玉-兼若
二塁打=川原2(愛大)、柏原1、福山1(四学)
三塁打=なし
本塁打=空田(四学)
暴投=なし
補逸=なし
野選=なし
MVP=空田(四学)
VP=福山(四学)、川原(愛大)
審判=(中田、大西、松岡、平口)
記事=この春3度目の対決となった四学ー愛大戦。2回の裏、四学は四球と安打で一死一、二塁の好機を作る。ここで8番羽原の適時打により1点を先制する。緊迫した投手戦になった中盤。動いたのは5回裏。二死二塁から四学4番の福山が左中間を深々と破る適時二塁打を放ち追加点を挙げる。続く6回裏には二死一塁から1番空田がライトへ2点本塁打を放ち、突き放した。反撃したい愛大は直後の7回表、連続安打と相手投手の失策などで2点を奪うが、途中登板の四学投手陣に抑えられ追い付くことが出来なかった。最後は児玉が締め試合終了。6週に及んだ2013春季リーグ戦は四学が覇権を奪還する形となった。四学は6月10日に開幕する全日本大学野球選手権に出場し、一回戦は6月11日の第一試合、東京Dで東京新大学野球連盟代表と対戦する。
四国学院 2勝1敗(通算 勝点5 10勝2敗)
(報告者=四学 兼山)
posted by 四国六大学 at 18:55 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春2部徳島大対香高専第2試合結果

5月11日(土) 香川県みろく球場 12:35開始
主管 徳島大学

イニングスコア
香川高専  000│001│0│1
徳島大学  000│144│×│9
(7回コールド)
バッテリー
徳島大学=○中津、亀井、藤田─幸徳
香川高専=●川崎、大福─佐々木

二塁打=橋本(徳島) 
三塁打=幸徳(徳島) 中田(徳島)
本塁打=なし
暴投=川崎(香専)
捕逸=佐々木(香専)
野選=なし

MVP=中田(徳島)
VP=幸徳(徳島) 佐々木(香専) 
徳島大学 6勝2敗(通算 勝点6 6勝2敗)

(報告者=徳大 中村)
posted by 四国六大学 at 15:37 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013春2部徳島大対香高専第1試合結果 

5月11日(土) 香川県みろく球場 9:42開始
主管 徳島大学

イニングスコア
徳島大学    101│640│0│12
香川高専    001│000│0│1
(7回コールド)
バッテリー
徳島大学=○寺嶋、井上(宝)─中村(昂)
香川高専=●石原─佐々木

二塁打=平間(徳大) 赤木(香専) 
三塁打=中村(昂)(徳島) 森(香専)
本塁打=なし
暴投=石原
捕逸=佐々木
野選=なし

MVP=平間(徳島)
VP=幸徳(徳大) 森(香専)
徳島大学 5勝2敗(通算 勝点5 5勝2敗)

(報告者=徳大 中村)
posted by 四国六大学 at 15:28 | 2013春リーグ戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする